スーパーGT500クラスで無限が復活!シェイクダウンのマシンにはMOTULの文字!?

オートックワン 12月14日(水)17時25分配信

ホンダ<7267>初!ヨコハマタイヤを装着

ホンダ<7267>は12月14日にツインリンクもてぎにおいてシェイクダウンを行った2チームの2017年度の参戦体制を発表した。

まず、チーム無限はGT500クラスで復活を果たす。マシンはMUGEN NSX-GTでゼッケン(カーナンバー)は#16をつけることになる。監督は手塚 長孝氏、ドライバーは武藤 英紀選手と中嶋 大祐選手のコンビが復活。そして注目なのはホンダ<7267>初となるヨコハマタイヤを装着すること。また、シェイクダウンを行ったマシンに大きく「MOTUL」と書かれた文字。もしメインスポンサーになるとすれば、現在ニスモのメインスポンサーのMOTULはどうなるのか?コチラに関してはニスモの発表を待ちたい。

そして、エプソン<6724>・ナカジマ・レーシングの体制も発表に。マシンはEpson NSX-GTでカーナンバーは#64、監督は中嶋 悟氏、タイヤは引き続きダンロップを使用する。ドライバーには、ベルトラン・バゲット選手と松浦 孝亮選手が決まった。

>>シェイクダウンを行った「NSX-GT」や2017年型「GT-R」を写真で見る

チーム無限 各コメント

手塚 長孝 監督

「TEAM MUGENとして来季のSUPER GTシリーズへの参戦を発表できたことを大変光栄に思います。無限としては2014年のGT300クラスでの挑戦以来、3年ぶりの復帰となりますが、GT500クラスでNSX-GTというニューマシンを駆って戦う、全く新しい挑戦になります。そのような中でも、武藤選手、中嶋選手という経験豊富なドライバーコンビが戻ってきてくれたことと、SUPER GTやSUPER FORMULAで多くの経験を積んだメカニックたちがいることは我々にとって大きな強みだと感じています。新しいチームですので、まずは着実にマシンを作り上げていくことになりますが、2017年は十分に戦えるシーズンになると思っています。皆様に良い結果をお届けできるよう、チーム一丸となり全力を尽くしますので、ご声援のほど、よろしくお願いいたします」

武藤 英紀 選手 

「TEAM MUGENでは2013年にGT300でチャンピオンを獲得していますが、再びこのようなプロフェッショナル集団で戦える来シーズンに大きな期待を抱いています。チームメートの中嶋選手とも2012年以来のコンビになりますが、ドライビングスタイルや人柄など、互いを理解し合う良いコンビだと思っています。ヨコハマタイヤを履くことは新しいチャレンジとなりますが、ヨコハマタイヤのスタッフからは熱い思いが伝わってくるので、レベルの高いマシンを一緒に作っていきたいです。高い期待を受けるチームのドライバーを務められることはとても光栄ですし、自分の経験をチームに共有していければと思います。新チームでありゼロからの積み重ねになりますが、良い結果を残せるように全力を尽くします」

中嶋 大祐 選手

「長い間お世話になったEpson Nakajima Racingを離れることは寂しい気持ちもありましたが、今はこの新チームでドライブできることをとても楽しみに思っています。新しい環境で技術を磨く良いチャンスだと考えていますし、結果を残すことで新しいチームの力になりたいです。武藤選手とは2012年以来のコンビになりますが、お互いのことをよく理解しており、2人で協力してチームを盛り立てていけると思います。また、ヨコハマタイヤをHondaのGTマシンで使用するのは初めてですが、SUPER FORMULAでの経験があるので、テストを重ね、適応できると思っています。伝統あるTEAM MUGENでドライブするプレッシャーはありますが、重圧を力に変えて、さらなる高みを目指します」

エプソン<6724>・ナカジマ・レーシング 各コメント

中嶋 悟監督

「本日、無事に来季へ向けたスタートを切ることができ、うれしく思います。2016年は結果が出ずに苦しんだ部分がありましたが、来季は新しいマシンでの戦いということもあり、巻き返しのチャンスは十分にあると思っています。今はダンロップと一緒にマシンの熟成を進めていますが、新たに経験豊富な松浦選手を迎えることができたので、開発という部分でも大きな進歩があると期待しています。ファンの皆さまに最高のパフォーマンスをお見せできるよう精一杯頑張りますので、ご声援をよろしくお願いいたします」

ベルトラン・バゲット選手

「私にとっては4年目になりますが、今年もEpson Nakajima Racingでドライブできることをとてもうれしく思います。2016年は厳しいシーズンになりましたが、2017年に向けてはすでに良いスタートを切ることができています。岡山でテストカーをドライブする機会がありましたが、開発陣の努力のおかげで、新レギュレーションによる25%のダウンフォース削減の影響はあまりなく、マシンの高いポテンシャルを感じました。ダンロップのメカニックもタイヤとマシンのマッチングに向けて高いレベルで開発を進めてくれており、開幕戦の岡山では間違いなく昨シーズンよりも良い結果を残すことができると思っています」

松浦 孝亮選手

「新しいシーズンを新たなマシン、チーム、タイヤで迎えることになり、今はとてもエキサイティングな気分です。Epson Nakajima Racingは高いスキルを持ったスタッフたちに支えられた、非常にポテンシャルの高いチームだと思います。監督の中嶋悟さんとは同郷の愛知県出身ということでご縁を感じていましたが、このような素晴らしいチームの一員として迎えてもらえたことに感謝しています。チームメートのバゲット選手は、お互いにインディカーの経験があることもあり、良い関係を築けると思っています。ライバルとしては強敵でしたが、チームメートになることができ、非常に心強いです。また、ダンロップタイヤは夏場やGT300などで結果を残しており、高いポテンシャルを持っていると思うので、自分の経験を開発にフィードバックすることで勝てるチームにしていきたいです。優勝を目指して精一杯戦いますので、皆さんご期待ください」

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月14日(水)17時25分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】