過去最大規模!全10都市12会場で開催されたくるまマイスター検定、難関の1級合格率は「28.1%」

オートックワン 2016年12月19日(月)17時12分配信

一般社団法人日本マイスター検定協会は、2016年11月27日(日)に第4回「くるまマイスター検定」を全国にて実施した。

第4回くるまマイスター検定は、全10都市12会場(札幌、八戸、仙台、東京、横浜、TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL(富士スピードウェイ)、名古屋(第一・第二)、大阪(第一・第二)、広島、福岡)にて実施。

札幌・横浜・富士・広島の4都市は初めての開催となったほか、横浜会場は「日産グローバル本社ギャラリー」、名古屋会場は「トヨタ博物館」、大阪会場は「ダイハツヒューモビリティワールド」など、自動車メーカー関連の特色のあるイベント会場も開催地として選ばれ、検定が実施された。

さらに、年に一度の大型モータースポーツイベントである「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2016」内に設けられた試験会場には、くるまマイスター検定公式アンバサダーである塚本奈々美さんも応援に駆け付け、受検者を喜ばせた。

受検者数は過去最多の3,263名

今回の受検者数は過去最多の3,263名となり、くるまマイスター検定の注目度の高さを感じさせる結果となった。

各級の合格者も若年化が進み、3級は7歳、2級は12歳が最年少合格記録となった。最難関1級も新たに43名が合格するなど、合計2,195名のくるまマイスター(合格者)が誕生。

試験会場にはディーラーや自動車関連企業スタッフの姿も数多く見受けられ、自動車知識に関する唯一の検定試験として活用が進んでいる。

日産グローバル本社ギャラリーにはテリー伊藤さんも登場

横浜会場では検定試験終了後、第1回より応援団長を務めるテリー伊藤さん、同応援団のまるも亜希子さん、竹岡圭さんを中心としたトークショーを開催。

試験当日、NISSAN賞として日産自動車<7201>から受検者に向けてサプライズ賞品が用意され、日産グローバル本社ギャラリーに集まった観客を沸かせた。

今後の取り組み

過去最大規模での開催となった第4回「くるまマイスター検定」は、横浜会場にも展示された開催記念プレゼント「ルノー・トゥインゴ」や、受検者特典「東京オートサロン2017特別ツアー」などの当選者発表、1級最高得点合格者であるトップ・オブ・マイスターへの「プレミアムアートの進呈」などを残し、試験後も充実の内容となった。

次回開催日

2017年11月 (予定)

※開催地等の詳細は決定次第、公式HP等で案内予定。

第4回 結果概要

1)合格者数

1級:43名(受検者178名 実受検者153名)

合格率28.1% / 平均点73.3点 / 最高点94点(合格ライン80点以上)

2級:854名(受検者1,581名 実受検者1,460名)

合格率58.5% / 平均点71.9点 / 最高点100点(合格ライン70点以上)

3級:1,216名(受検者1,399名 実受検者1,291名)

合格率94.2% / 平均点80.2点 / 最高点100点(合格ライン60点以上)

ジュニア:82名(受検者105名 実受検者82名)

受検者年代

~10代/259人

20代/679人

30代/691人

40代/1,031人

50代/430人

60代~/84人

無回答/84人

合計/3,263人

受検者の声

ジュニア受検者(小学生)

車が大好きで、車雑誌もよく読んでいます。お母さんに問題を出してもらって勉強しました。  とても面白かったです。

3級受検者(20代女性)

職場のみんなが受検すると聞いて、知識を増やしたくて受検しました。合格したら、ぜひ周りに  アピールしていきたいと思います。

3級受検者(30代男性)

自動車業界の方々がお客様なので、日々の勉強のためと思い受検しました。ガイドブックが読みやすく、  楽しく勉強できました。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月19日(月)17時12分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】