三菱eKスペース大幅改良で顔が激変!価格は約124万円から

オートックワン 2016年12月21日(水)13時30分配信

三菱は、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車eKスペースを大幅改良し12月21日より発売した

今回、eKスペース/eKスペース カスタムのフロントデザインを大幅に変更するとともに、後席の空気を循環させるリアサーキュレーターにナノイー機能を追加するなど、快適性と利便性を向上させた。価格は、1,239,840円~1,935,360円(消費税込)

>>大幅改良したeKスペースとeKスペースカスタムを写真で見る

▼主な変更点

(1)グレード展開

標準モデル、カスタムモデルとも、機能装備を充実させるとともに新グレードを追加した。

◆標準モデル

・従来、カスタムモデルのみに設定のターボエンジン搭載車を標準モデルにも設定

・予防安全機能e-Assistとマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を標準装備とした「G Safety Package」「T Safety Package」を新たに設定した。

◆カスタムモデル

・予防安全機能「e-Assist」とマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)、オートマチックハイビーム、オートライトコントロールを標準装備とした「カスタム G Safety Package」「カスタム T Safety Package」を新たに設定した。

(2)エクステリア

標準モデル、カスタムモデルとも、フロントデザインを大幅に変更し、標準モデルはいっそう親しみやすいデザインに、カスタムモデルは三菱のフロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを採用して力強く存在感のあるデザインとした。

◆標準モデル

・柔らかい面構成で張りのあるフロントバンパーを採用し、親しみのある表情とした。フード先端の左右ヘッドランプ間に一本のメッキモールを配し、上下に分割されたフロントグリルのアッパーグリルにメッキリングをあしらうことで、上質感を高めている。

・「T Safety Package」には、モダンでスポーティなデザインとした14インチアルミホイールを採用

・ボディカラーは、モノトーンでは新たに設定した3色(ポピーレッドメタリック、ウォーターブルーメタリック、コーラルピンクマイカ)を加えた計8色、2トーンでは新たに設定したコーラルピンクマイカ/ホワイトパールを加えた計3色の全11色展開としている。

・「M」「M e-Assist」「G」「G Safety Package」で2トーンのボディカラーを選択した場合、ルーフやドアミラーとコーディネートされたホワイト色のフルホイールカバーをセットしている・

◆カスタムモデル

三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。アッパーグリル上下に左右ヘッドライトと連続感のあるメッキモール、アッパーグリル中央に1本のメッキバーを配してワイド感を強調。加えて、大型のロアグリルには同じモチーフのメッキバーを4段構成で配し、合わせて5本のメッキバーとすることで圧倒的な存在感を実現した。

・LEDヘッドライトは、新たに多眼タイプのデザインとしたうえで、フローティングしたクリスタルガラスのような質感を表現したポジションランプとすることで上級車並みのクオリティを実現している。

・「カスタム T Safety Package」「カスタム T e-Assist」にはダークグレー塗装と光輝切削処理によりスポーティかつ緻密なデザインとした15インチアルミホイールを「カスタム G e-Assist」「カスタム G Safety Package」には、モダンでスポーティなデザインとした14インチアルミホイールを採用した。

・ボディカラーはモノトーンで計6色、2トーンでは新たに設定したライトニングブルーマイカ/ブラックを加えた計3色の全9色展開としている。

(3)インテリア

・標準モデル、カスタムモデルとも、それぞれの個性にマッチしたシート生地を採用し、エクステリアとのコーディネートを図った。

(4)エンジン

・ターボエンジン搭載車(T Safety Package、カスタム T e-Assist、カスタム T Safety Package)に、時速13km以下になるとエンジンを停止してガソリンの消費量を抑えるコーストストップ機能を追加した。

(5)機能装備

・eKスペースの特徴装備である後席の空気を循環させるリアサーキュレーターに、肌や髪にやさしい弱酸性のナノイーを放出する機能を採用した。(標準モデルのMとM e-Assistを除く)

・消臭機能を追加した消臭シート生地を新たに採用。シート座面生地に消臭機能(イノドールクイック瞬間消臭)を追加することで、タバコや食べ物、汗、ペットなどの幅広い臭いをセラミックスで瞬時に吸着し、金属イオン<8267>の働きで臭い成分を分解する。従来から採用の撥水加工と合わせ、室内を快適に保つ仕様とした。(標準モデルのMとM e-Assistを除く)

・2.5μmサイズの微粒子を約90%、0.3~0.5μmの粒子を約30%除去可能なクリーンエアフィルタープラスを採用。黄砂や花粉が飛ぶ季節に嬉しい装備を充実した。

・室内温度の上昇抑制、降雨時の雨音軽減に効果を発揮するフェルトを天井裏側全面に追加し、更に快適な室内空間とした。(標準モデルのMとM e-Assistを除く)

・フロントウィンドシールド、フロントドア、フロントクォーターガラスに、従来から採用のUVカットガラスに加え、直射日光によるジリジリ感を和らげるIRカット機能を追加した。

・高速道路などで運転者のアクセルペダル操作の負担を軽減できるクルーズコントロールを、ターボエンジン搭載車の「T Safety Package」「カスタム T e-Assist」「カスタム T Safety Package」に標準装備とした。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月21日(水)13時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。