ロケバスでおなじみのトヨタ コースターが24年ぶりにフルモデルチェンジ

オートックワン 12月22日(木)14時24分配信

トヨタは、コースターをフルモデルチェンジし、全国のトヨタ店(大阪地区は大阪トヨペット)より2017年1月23日に発売する。

価格(消費税込)は、バスが581万400円~887万2200円、ビッグバンが619万3800円~677万1600円となる。

コースターは、25人程度の乗員が快適に乗ることができる小型バス需要の高まりを受け、1963年にライトバスとして誕生。1969年のモデルチェンジを機にコースターと改称し、50年以上乗り継がれている。

世界の様々な地域で人の移動を支え、現在では110以上の国や地域で販売されて累計販売台数は55万台以上、日本でも飲食店やホテル、幼稚園の送迎など様々なシーンで活躍している。

1993年発売の従来型モデル(3代目)は、高い信頼性で評価を得ている一方、新しいデザイン、安全装備の充実などが求められてきた。

また、観光ビジネスの活性化などで小型バス需要の伸びも見込まれることから、今回のフルモデルチェンジでは、これからも長く愛され、乗り続けてもらえるクルマを目指し安全機能の充実、快適性向上、次世代の小型バスに相応しいデザイン、信頼性の高いクルマの観点で、大幅に磨きをかけた。

また、コースターは、2017年4月に発足した商用車の開発から生産を一貫して行うCV Companyが担当する初のフルモデルチェンジ車となる。

>>トヨタ コースターの写真を見る(33枚)

ボディの高剛性化、安全装備の充実

ボディは、ルーフ、側面、フロアの骨格を繋ぎ一体化した環状骨格を採用。また、高張力剛板の採用なども行い、バスにおけるボディ強度の世界的な安全評価基準である「ECE基準R-66(ロールオーバー性能)」に適合した高剛性ボディを導入した。

さらに、VSCを日本でクラス初採用。全車標準装備とし、コーナリング時の横滑りなどを抑制し、車両走行時の安定性を確保した。

加えて、運転席と助手席にSRSエアバッグを標準装備。また、万が一の際、瞬時にシートベルトを巻き取り早期に乗員を拘束するプリテンショナー機構や、胸部に加わる力を低減するフォースリミッター機構を採用するなど、乗員の安全・安心をサポートする。

「Function & Hospitality」広く上質な室内空間

運転席エリアは、フロントガラスの開口部を広げ視界を拡大したほか、機能スイッチや運転席周りの物入れを最適配置することで、視線の動きを最小限にし、ドライバーが運転に集中しやすいコックピットとした。

客室エリアは室内高を60mm高くし、窓側は肘が置ける程度(約40mm)外側へ拡大。また、サイドウインドウの上下高を50mm広げるなど、開放感と快適な乗員スペースを提供する。

また、ドアステップの奥行きを65mm拡大し、乗降性を向上させた。

ルームラックは、室内天井面とラック<3857>との高さを60mm拡大し、収納性を向上するとともに、140mm外側へ配置移動したことで、着座性を改善した。

さらに、UVカットガラスの採用により、より快適な空間を提供する。

「EX」のシートは、合成皮革とファブリックを組み合わせたシート表皮にダブルステッチをあしらい高級感を演出。また、クッション材に低反発ウレタンを採用し、着座時のフィット感が向上した。

静かな室内と、フラットで快適な乗り心地

環状骨格化によるボディ剛性の向上、エンジンカバーの構造変更、ボディシール構造の強化、防音材を最適配置するなど、静粛性を改善した。

足回りには、スタビライザーをフロントとリヤに装備するとともに、ショックアブソーバーの減衰力を最適化。ボディ剛性の向上とあいまって、フラットな乗り心地を実現した。

「Modern & Tough」目を引く外装デザイン

ルーフサイドに面取りを効かせ、シンプルでありながら目を引くモダンなデザインとし、スクエアなボディシルエットで室内の広さを強調した。

サイドを上下分割したキャラクターラインとタイヤ周りを強調したアンダーボディで、キャビンをしっかり支える頑丈なボディを表現。

外板色は、ベージュメタリック、ホワイトを含む、全6色を設定した。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月22日(木)14時24分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】