伝説のシャレードデトマソが復活!ダイハツ新型トールのカスタムカーなど東京オートサロン2017に出品

オートックワン 2016年12月22日(木)12時01分配信

ダイハツは、2017年1月13日から1月15日 まで幕張メッセで開催される東京オートサロン2017に、新型トールやムーヴ キャンバスなど計11台のコンセプトカーを出展する。

ダイハツブースは「もっと楽しく。もっと自分らしく。」をテーマに、4つのカテゴリーでコンセプトカーを出展。

ダイハツがこれまで生み出してきた個性的な車両の特長や、従来のカスタムグレードなどをベースとし、さらに新しいカタチへと昇華させた。

>>トールやムーヴキャンバスなど、ダイハツオートサロン出展車をチェック

SPORZA(スポルザ)

・ダイハツ往年のホットハッチであるシャレード デトマソやTR-XXの要素を、現代仕様として復活

・赤×黒の専用ボディカラーにゴールドのアルミホイールで、上質なスポーツテイストを演出

・個性で際立つダイハツスポーツラインナップの再始動を想起させるコンセプトカー

ベース車両:ブーンシルク/トール/ムーヴキャンバス/コペン

Grand Custom(グランドカスタム)

・専用メッキパーツや大型LEDフォグランプで圧倒的な存在感を表現

・迫力と優美さを身にまとった至高のカスタムスタイルを提案

ベース車両:トール カスタム/タントカスタム/ムーヴカスタム

Beach Cruisin'(ビーチクルージン)

・専用ボディカラーとオリジナルのラッピングでテイスト系の新たなカタチを提案

・ライフスタイルをゆるく、のんびり、スローに楽しむためのクルマを表現

ベース車両:ブーン/ムーヴキャンバス

CROSS FIELD(クロスフィールド)

・マットに仕上げた専用ボディカラーとオリジナルのDラッピングなどでアクティブ感を付加

・外遊びが好きな大人の趣味人が遊びのフィールドを広げるための一台を表現

ベース車両:キャストアクティバ/ウェイク

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月22日(木)12時01分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。