VW、新型チューニングパーツを装着したゴルフGTIを東京オートサロン2017に展示

オートックワン 12月22日(木)17時26分配信

スポーツモデル“Golf GTI”を「チューニング」や「ドレスアップ」したコンセプトカーを展示

フォルクスワーゲングループジャパン株式会社は、2017年1月13日(金)から15日(日)にかけて幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「東京オートサロン2017」へ出展する。

今回フォルクスワーゲンブースでは、フォルクスワーゲンの多様な魅力を表現するLED照明演出により空間が幻想的に彩られる中、カスタムやチューニングによるフォルクスワーゲン車の新しい楽しみ方を提案する。

車両は、スポーツモデルのアイコンであるゴルフGTIに新型チューニングパーツを装着したコンセプトカーを展示予定。

モータースポーツへの積極的な参戦により、高い開発技術力を磨いてきた日本の老舗チューナー「COX」による、フォルクスワーゲン車の足回りの良さをさらに引き出すことを可能にするアイテムを装着したコンセプトカーに加え、フォルクスワーゲン本社のアクセサリー部門がドイツの老舗チューナー「Oettinger」と共同開発したエアロパーツを装着したコンセプトカーを展示する。さらに、純正アクセサリーパーツでレーシーにスタイルアップしたThe Beetleなど、合計4台を展示。

さらに、2016年全日本F3選手権シリーズでエンジンチューナータイトルを獲得したフォルクスワーゲンモータースポーツ直列4気筒 2,000cc DOHCエンジンの展示や、フォルクスワーゲングループのトレーラーを利用した“特設コーナー”、Golf Rのサーキット走行をバーチャル体験できる“VR体験コーナー”の他、日本初公開のアイテムを含むフォルクスワーゲンオフィシャルグッズの販売などを予定している。

また、別会場にて実施される「体感!カスタムカー同乗試乗会」や「スーパーみんモー」においても、Golf Rのカスタムカーで同乗試乗や車両展示を行っている。フォルクスワーゲンブースの概要は次頁の通り。

フォルクスワーゲンブース概要

展示場所:北館ホール9/Sスペース

展示ベースモデル:Golf GTI、The Beetle

コンテンツ:

新型チューニングパーツコンセプトカー展示(計4台)

カスタマイズに関するプレゼンテーション(フォルクスワーゲンアカデミー専任トレーナー金子陽一氏他)

チューニングパーツ展示(全長18mの巨大トレーラー内特設スペース)

フォルクスワーゲンモータースポーツエンジン展示(全日本F3選手権シリーズ供給)

VR体験(Golf Rのサーキット走行を実際に車両に乗り込んでバーチャル体験)

フォルクスワーゲンオリジナルグッズ販売コーナー

フォルクスワーゲンオリジナルグッズ配布(アンケートに回答いただいた方のみ)

フォルクスワーゲンオートサロン限定オリジナルハッピー缶(アンケートにご回答いただいた方の中から抽選)

体感!カスタムカー同乗試乗会

開催場所:ZOZOマリンスタジアム(旧QVCマリンメッセ)外周路・駐車場

出展車:Golf R Oettinger仕様コンセプトカー

出展内容:同乗試乗コースにて同乗体験

スーパーみんモー

開催場所:東京オートサロン2017会場

出展車:Golf R COX仕様コンセプトカー

出展内容:屋外特設コースにて、解説付き車両走行デモンストレーション、車両展示

※1月14日、15日の2日間 開催予定

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月22日(木)17時26分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】