今年みんなが購入を検討したクルマはあの高級ミニバンだ!【2016年人気車種ランキング】

オートックワン 2016年12月31日(土)10時30分配信

オートックワンの見積もり依頼サービスで、2016年に見積もり依頼件数が多かった車種をランキング形式でピックアップしました。

2016年にみんなが購入を検討した車種の上位5台はこちらです!

(集計期間:2016/1/1~11/30)

>>新車見積もり依頼はコチラ

1位 トヨタ ヴェルファイア

トヨタの最上級ミニバンのヴェルファイアは、2段構えのヘッドライトがアグレッシブなフロントフェイスを演出しています。インテリアは、高級なクルーザーのようなラグジュアリーな空間が広がっています。

兄弟車は言わずと知れたアルファードで、エクステリアのデザインは違いますが、インテリアは共通です。

政治家や芸能人の移動車として用いられるなど、2列目にゆったり座って移動するのにも適しています。

トヨタ ヴェルファイア関連記事:

トヨタ、新型アルファード/ヴェルファイアを発売 ~新グレードExecutive Lounge登場~

500万円級のトヨタ ヴェルファイア&アルファードが激売れな理由

光岡、高級ミニバン「ヴェルファイア」をベースにした霊柩車を発売

2位 ホンダ<7267> フリード

9月にフルモデルチェンジしたホンダ<7267> フリードは、5ナンバーで狭い道でも運転しやすいちょうどいいサイズ。

6人乗りは2列目シートが左右独立の2人掛け、7人乗りは3人掛けのベンチシートとなっており、コンパクトなサイズでも室内は天井も高く広さも十分で、大人数でも快適に移動することができます。

また、シートは折りたたみやスライドが可能なため、大きな荷物の運搬や車中泊にも便利です。

ホンダ<7267> フリード関連記事:

ホンダ、新型フリード/フリード+を発売 ~「ちょうどいい」がさらに進化~

車中泊もラクラク!ホンダ 新型「フリード/フリード+」【話題の新型車を写真でチェック!】

新型フリード販売好調!フリードはファミリーに、フリードプラスは独身者に人気

3位 ホンダ<7267> フィット

ホンダ<7267> フィットは国内外で人気の5ドアハッチバック。優れた燃費のハイブリッドモデルと、自然な走りを楽しめるガソリンモデルをラインナップしています。

燃料タンクを運転席床下に設置するセンタータンクレイアウトを採用しており、後部座席や荷室が広いのがポイントです。

後部座席の座面を跳ね上げ、車体中央のスペースに荷物を積むことができるのも特長です。

ホンダ<7267> フィット関連記事:

ホンダ フィット、一部改良でエクステリアデザインを変更

ノート/アクア/フィットを徹底比較 ~200万円で買える低燃費で人気のコンパクトカー~

4位 日産 ノート

11月にマイナーチェンジした日産 ノートには、ガソリンエンジンで発電した電力を使って走行するe-POWERが追加されました。

電気自動車のリーフで培った技術を応用したこのe-POWERですが、EVのパワフルな加速感も楽しめる上に、燃費も37.2km/Lとクラストップを達成しました。

日産 ノート e-POWER関連記事:

日産ノート発売!新パワートレイン“e-POWER”搭載モデルの価格は177万円から

日産 新型ノートがプリウス/アクアを抑え月間販売台数トップに

5位 ダイハツ ムーヴキャンバス

レトロなカラーリングがカワイイ軽トールワゴンのダイハツ ムーヴキャンバス。ムーヴとタントとミラココアの要素をミックスさせた”いいとこどり”のモデルです。

2列目シート下にある置きラクボックスは、普段は折りたたみ傘や靴をしまったり、ユーティリティボックスを立ち上げればケーキの箱など高さのあるものを倒さず運べます。

ハンドル操作に合わせてカーブの先を照らすAFSや、衝突回避支援システムのスマートアシストII、狭いスペースでの駐車に便利なパノラマモニターなど、安全装備も充実しているのもうれしいです。

ダイハツ ムーヴキャンバス関連記事:

ダイハツが“女子力”の高い新型軽「ムーヴ キャンバス」を発売!

ダイハツ 新型「ムーヴ キャンバス」、国産車初の“置きラクボックス”を採用

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月31日(土)10時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】