スズキ、ソリオとスペーシアが予防安全性能で最高ランクを獲得

オートックワン 2017年01月04日(水)10時13分配信

スズキ<7269>は、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ<7238>のデュアルカメラブレーキサポートと全方位モニターを搭載したソリオとスペーシアが、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントで最高ランクのASV++(ダブルプラス)を獲得したと発表した。

>>スズキ ソリオ・スペーシアの写真を見る

ソリオは、2015年度JNCAP予防安全性能アセスメントではASV+に認定されていたが、試験項目が増えた2016年度は68.1点を獲得してASV++に認定された。

12月1日にASV++に認定されたイグニス<3689>に続き、スズキ<7269>の登録車で2車種目の獲得となった。

スペーシアは、軽自動車で初めてステレオカメラ方式の衝突被害軽減システムのデュアルカメラブレーキサポート装着車を設定したモデルで、今回デュアルカメラブレーキサポート装着車が66.7点を獲得し、ASV++に認定された。

なお、スペーシアは軽自動車で初のASV++認定となる。

JNCAP予防安全性能アセスメントは、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が自動車の先進安全技術について評価し、結果を公表する制度である。

2016年度の評価対象は、2015年までの前方車両に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)、車線逸脱警報装置(LDWS)、後方視界情報提供装置(バックビューモニター)の試験に加えて、歩行者に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)を追加した4項目で71点満点の評価点が与えられる。

評価点の合計が12点を超える場合はASV+として認定され、さらに46点を超えるとASV++に認定される。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年01月04日(水)10時13分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。