トヨタのAI搭載コンセプトカーが超近未来! Concept-愛iをCESで公開

オートックワン 2017年01月05日(木)09時42分配信

数年以内に日本で実験走行を行う予定も

トヨタは、2017年1月5日(木)~8日(日)に米・ラスベガスで開催する2017 International CESで、人工知能技術を搭載することで人とクルマがパートナーの関係となる、モビリティ社会の未来像を具現化したコンセプトカーのTOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)を出展する。

>>TOYOTA Concept-愛iの写真を見る(25枚)

Concept-愛iは、クルマは“愛”がつく工業製品であるというトヨタが大切にしている想いのをもとに、クルマが人に働きかけることで始まる、新たな体験を提供する。

クルマがドライバーのその時々の感情や想いを理解し、これまでの嗜好を蓄積することで、ドライバーのことをより理解して常に支え続けるかけがえのないパートナーとなること目指す。

Concept-愛iは、今後数年内に公道実証実験を計画しており、今回の出展内容の一部を搭載した実験車両が日本の都市を走行する予定である。

車両デザインは米国デザイン拠点Calty Design Research, Inc.が担当。インパネ中央部に位置するエージェントを起点としながら、車体外装にまでインパネの意匠が連続するシームレスなスタイリングをINSIDE OUTをデザインテーマとして形成した。

ドライバーのユーザーエクスペリエンスの中核となるエージェントも、車両の内装だけでなく外装、さらにはクルマから離れネットワーク上の端末などに登場。人を理解するエージェントを長期にわたり共にいることで、人との距離が近づき、従来の人とクルマの関係を超えたパートナーのような関係の構築を目指す。

トヨタは安全・安心、環境、新たな感動(ワクドキ)の提供を通じて、豊かな社会づくりに貢献することを念頭に事業活動を行っている。Concept-愛iは、この考えを実現する一つの具体的な、未来のモビリティ社会に向けた提案であり、実用化に向けた取り組みを続けていくとしている。

TOYOTA Concept-愛i 特徴

「人を理解する」技術(Learn)

最新の人工知能技術を応用し、感情認識や嗜好性蓄積といった人を理解するための複合技術を確立。ドライバーの表情や動作、覚醒度などをデータ化することや、SNS発信や行動・会話履歴によって、ドライバーの嗜好を推定する。この人を理解する技術を起点に、安全・安心やFun to Driveの領域で、新発想のユーザーエクスペリエンスを提供する。

「安全・安心」(Protect)

 「人を理解する」技術と自動運転技術を組み合わせることで、ドライバーを安全・安心に導く。ドライバーの感情、疲労度、覚醒状態に応じて、視覚や触覚などの五感に働きかけ自律神経を刺激し、より安全運転に誘導する。

また、クルマの周辺状況に加えて、ドライバーの感情や自動運転への信頼度をモニターすることで、ドライバーが危険な状態(例:路外逸脱の危機等)に陥った際には、自動運転モードに切り替わり、クルマが自動で安全状態に導く。さらにドライバーのストレスを把握し、運転に不安を感じたドライバーには自動運転モードへの切り替えを提案するなど、“ある時は見守り、ある時は助け合う”、トヨタの自動運転の考え方「Mobility Teammate Concept」を具現化した車両となる。

「新しいFun to Drive」(Inspire)

「人を理解する」技術とエージェント技術を組み合わせることで、ドライバーの気持ちを先回りした提案を可能とし、ドライバーに新たな体験をもたらす。ドライバーの感情・覚醒度に応じて、クルマが会話を誘導。ドライバーの嗜好に応じた話題や、関心の高いニュースをクルマ側から提案するなど、従来にない双方向の自由会話を実現する。

さらに、その時々のドライバーの感情と走行データを掛け合わせる「Emotion Map」により、個人の感情・嗜好性を集積しビッグデータとして活用。少し遠回りしてでも楽しめるルートを提案するなど、他のドライバーのデータを共有することで、未知なる体験や安全な社会づくりに貢献する。

■主要諸元

全長/全幅/全高:4430/1830/1475mm

ホイールベース:2700mm

乗車定員(人):4人

パワートレーン:ゼロエミッションのパワートレーンを想定

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年01月05日(木)09時42分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。