ルノー、トゥインゴにベーシックグレードの「ゼン」を設定

オートックワン 01月06日(金)09時44分配信

ルノー・ジャポンは、トゥインゴにシンプルな装いのゼングレードを追加し、1月12日(木)から販売する。

価格(消費税込)は、5速MTが171万円、6速EDC(エフィシエントデュアルクラッチ)が180万円となる。

トゥインゴは、個性的なデザインや細い路地や急な坂道をキビキビ走るリアエンジン・リアドライブ(RR)レイアウト、パリジャン・パリジェンヌに選ばれる性能や装備や経済性が特長のコンパクトカーである。

これまで装備の充実したインテンスグレードのみの設定だったが、シンプルな装備で価格を抑えたゼングレードを追加し、ユーザーからの要望や好みに幅広く応えられるモデルラインアップとした。

また、ゼングレードには、0.9リッターターボエンジンと6速EDC(エフィシエントデュアルクラッチ)の組み合わせに加え、新たに1リッター 自然吸気エンジンと5速MTの組み合わせを設定。

RRレイアウトでわずか960kgという軽いボディを活発に走らせ、運転の楽しさが際立つモデルに仕上がった。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月06日(金)09時44分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】