フィアット パンダ、ステアリングホイールのデザインを一新

オートックワン 2017年01月12日(木)13時03分配信

FCAジャパンは、フィアット パンダ イージーをマイナーチェンジし、1月21日より発売する。価格(消費税込)は、213万8400円。

今回のマイナーチェンジでは、ステアリングホイールとメータークラスターのデザインを一新した。

人間工学に基づいて、ステアリングホイールを底面がフラットのDシェイプにしたことで握りやすくなると同時に、ドライバーの足がステアリングホイールに当たりにくくなった。

メータークラスターは文字フォントを見やすくし、視認性の高いデザインに変更した。

さらに、ホイールもよりモダンなデザインとした。

また、ファブリックシートをステッチ入りのバイカラーにダッシュボードパネルのカラーは落ち着いたブラックに統一するなど、これまでよりスタイリッシュなインテリアとした。

機能面では、30km/h未満での走行中にレーザーセンサーが前走車を探知し、追突する可能性があると判断した場合に自動でブレーキ<7238>を作動させるシステム「シティブレーキコントロール」や、上り坂で約5%以上の勾配を感知すると自動的に作動する坂道発進補助機能「ヒルホールドシステム」を引き続き標準搭載した。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年01月12日(木)13時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。