日本ミシュランタイヤ、ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版を2018年春発行

オートックワン 2017年10月11日(水)18時02分配信
ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版 (C)MICHELIN/GURUNAVI
日本ミシュランタイヤは、広島県、愛媛県全域で厳選した飲食店、レストランおよび宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」を2018年春に発行することを発表した。

2013年にミシュランガイド広島2013特別版が発行され、まもなく5年が経つ。これは、ミシュランガイド北海道2012特別版に続く国内2番目の特別版として発行時に大きな話題となった。広島県らしい味覚を堪能できる「穴子」や「牡蠣料理」、「お好み焼」という料理カテゴリーが世界のミシュランガイドで初めて登場し、バラエティーに富んだ多くの飲食店、レストランが掲載され、国内外で食を愛する人々に活用されている。

愛媛県は温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、ミシュランが発行する外国人向け旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では道後温泉本館が三つ星(★★★)として掲載されている。

また、東予エリアにある日本三大急潮流の来島海峡潮、中予エリアの瀬戸内海、南予エリアの黒潮が流れ込む宇和島は、海の幸に恵まれ、種類豊富な柑橘類もあり、観光地としてだけでなく、食の面でも国内外の観光客を魅了している。

近年、両県を同時に訪れる観光客が増えていることにも着目し「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」を発行することを決定した。

愛媛県は国内のミシュランガイドで16エリア目となる。

現在、ミシュランの社員であり、ホテルやレストラン業界の専門知識を持つミシュランガイドの専門調査員たちが、「ミシュランガイド広島2013特別版」の掲載店を全面的に再調査して見直すとともに、愛媛県の飲食店、レストランや宿泊施設を調査中である。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)18時02分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。