アルファロメオの新型SUV「ステルヴィオ」がニュルで最速タイム更新!日本では2018年に発売

オートックワン 2017年10月11日(水)12時52分配信
アルファロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオがニュルでSUV最速ラップを記録
アルファロメオは、2018年に日本での発売を予定している新型SUV「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」が、ドイツの名高いニュルブルクリンクにて新たなベンチマークとなるラップタイムを記録し、世界最速の量産SUVという称号を手に入れたことを発表した。なお、ステルヴィオ・クアドリフォリオはアルファロメオ初のSUVとなる。

>>アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」のデザインを発売前にチェック!

ステルヴィオ・クアドリフォリオは、1周12.9マイルのノルドシュライフェ(北コース)で新記録となる7分51.7秒を達成。新たなベンチマークとなるこのラップタイムは、なんとこれまでの量産SUV世界最速記録を8秒も更新したというから驚きだ。

イタリアの情熱、職人技、革新性が盛り込まれた新型アルファロメオ・ステルヴィオは、曲がりくねった道を征服するという意味を込めて命名・設計された。

Q4 AWDシステムに2.9リッターV6ツインターボエンジンを初めて組み合わせた

新型アルファロメオ ジュリア発表会でサプライズ公開されたSUVモデル「アルファロメオ ステルヴィオ」
ステルヴィオ・クアドリフォリオには、50:50という完璧な前後重量配分や、セグメント最高レベルのねじり剛性を可能にするため、最先端の軽量素材が採用されている他、クラス唯一のカーボンファイバー製ドライブシャフトや、ダイレクトなレスポンスを誇るステアリングなど、幅広い技術が組み込まれている。

この超高性能SUVの心と魂とも言えるのが、アルファロメオの新軽量アーキテクチャを活かすために設計された、オールアルミ製2.9リッターV型6気筒4バルブインタークーラーおよび、ツンターボ搭載の直噴エンジンである。最高出力510馬力/最大トルク443lb-ftを誇り、今回初めて標準Q4 AWDシステムと組み合わされている。また、特別なチューニングが施された8速オートマチックトランスミッションと組み合わされ、レースモードでは、わずか150ミリ秒というシフト時間を可能にしている。

ステルヴィオ・クアドリフォリオ独自の先進的な技術として、レースモードを含む全4モードを備えるAlfa DNA Proセレクター、トルクベクタリングディファレンシャル、クアドリフォリオ専用チューニングを施し、燃費効率を最大限に高めるアダプティブサスペンションおよび、シリンダー休止システムなどが採用されている。

ステルヴィオ・クアドリフォリオの超高性能オプション

・超軽量カーボンファイバーシェルを採用したSparcoレーシングシート

セグメント最軽量を念頭に設計され、新たに大幅補強されたSparcoレーシングシートは、極端なコーナリング中にも横方向に優れたホールド性を実現し、長距離走行中にも優れた快適性を確保する。

・超高性能Bremboカーボンセラミックマテリアル(CCM)ブレーキシステム

アルファロメオは、ステルヴィオ・クアドリフォリオの開発において、他のSUVがユーティリティに重点を置く中、同セグメントに求められている快適性や居住性だけでなく、他を凌駕する性能、本格的にスポーティな走り、イタリアンスタイル、そして工学技術を完璧に組み合わせるという難題に取り組み、見事に克服している。

>>アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」のデザインを発売前にチェック!

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)12時52分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。