ルノーがアルピーヌ・ジャポンを新設…2018年に新型スポーツカー「A110」発売

オートックワン 2017年10月12日(木)11時09分配信
アルピーヌ A110
ルノー・ジャポンは、「アルピーヌ」ブランドモデルの日本における輸入販売事業を行うため、ビジネスユニット「アルピーヌ・ジャポン」を、10月に新設したと発表した。

アルピーヌ・ジャポンは、セールス、マーケティング、サービス等のオペレーションはルノー・ジャポンに委託し、事業を行う。

すでにアルピーヌブランドで発売が決定しているのは、ジュネーブモーターショー2017で世界初公開された新型2シータースポーツカー「A110」だ。

>>アルピーヌのスポーツカー「A110」の画像を見る(36枚)

往年の名車と同じ「A110」の名称を継承し、低く流れるようなボディや丸みのあるボンネット、丸形2灯ヘッドライトなど、オリジナルのアルピーヌ A110を連想させるエクステリアを持つ。

アルピーヌ A110
新型アルピーヌ A110は、全長x全幅x全高:4178x1798x1252mmというコンパクトなボディが特長で、オリジナルのA110同様に空力性能にもこだわった。軽量かつ強靭なアルミフレーム・ボディと、ミッドシップに搭載された1.8リッター4気筒ターボエンジンの組み合わせは、俊敏な運動性能とともに、停止状態から時速100kmに到達するのに約4.5秒という加速能力を発揮するという。

新型アルピーヌ A110は、まず「A110 プレミアエディション」が2017年末までにフランスなどで台数限定の発売を開始。その後通常モデルをリリースし、2018年には右ハンドル仕様も追加。日本やイギリスでも展開していく販売計画を既にジュネーブモーターショー時点で明かしていた。

こうした中、アルピーヌ・ジャポンでは2018年明けにも商品および販売に関する発表を行うとしている。

ちなみに10月25日より東京モーターショー2017が開催され、ルノー・ジャポンも出展するが、こちらでのアルピーヌ車の先行展示等については明らかになっていない。ぜひサプライズ出展にも期待したいところだ。

アルピーヌ・ジャポン組織概要

名称:アルピーヌ・ジャポン/ALPINE JAPON

所在:神奈川県横浜市西区高島1-1-1

CEO:大極 司氏

COO:トマ・ビルコ氏

アルピーヌの関連記事

いよいよ復活!ルノー、アルピーヌブランドを日本で正式販売へ

【動画】生まれ変わったアルピーヌ A110のエンジンサウンドが超刺激的!

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)11時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。