F1参戦40周年のルノー、新型メガーヌGTなどスポーツモデルに特化して出展【東京モーターショー2017】

オートックワン 2017年10月13日(金)10時31分配信
ルノー 新型メガーヌGT
ルノーは、F1に参戦を開始してから、今年で40周年を迎える。

F1参戦40周年を記念し、10月25日に開幕する東京モーターショー2017では、F1ショーカーをはじめ、新型メガーヌGTやメガーヌ スポーツ ツアラーGT、ルーテシア ルノー スポール シャシーカップ、トゥインゴ GTなどスポーツモデルのみを展示する。

>>ルノーブースに登場するモデルを写真でチェック!

F1参戦40周年

ルノー 新型メガーヌGT発表会
1977年、ルノーはそれまで誰も使っていなかったターボエンジンでF1へ挑戦を始めた。参戦当初は、頻繁にエンジンが白煙を吹いて壊れたため、イエローティーポットと揶揄された。それでもルノーはあきらめずに挑戦を続け、2年後に初優勝を果たした。

そして、そのモータースポーツへの情熱は40年冷めることなく、その間多くのタイトルを獲得してきた。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)10時31分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。