ホンダ、50cc原付ジョルノのカラーバリエーションを変更

オートックワン 2017年11月14日(火)17時33分配信
ホンダ<7267> ジョルノ プコブルー
ホンダ<7267>は、50cc原付スクーター「ジョルノ」に平成28年排出ガス規制対応を施すとともにカラーバリエーションを変更し、2017年11月14日より発売した。価格(消費税込)は、ジョルノが19万4400円、ジョルノくまモンバージョンが20万3040円となる。

ジョルノは、親しみやすい丸みのあるデザインにヘルメットや小物を収納できるラゲッジボックスの採用や、グローブボックス内にスマートフォンなどを充電できるアクセサリーソケットを装備し、若年層を中心とした幅広い層のユーザーから支持されているモデルである。

今回、ボディーカラーにプコブルーとパールソフトベージュを新たに採用し、継続色の5色を加えた全7色の設定で幅広い年齢層のユーザーの嗜好に応える豊富なバリエーションとした。

>>ホンダ ジョルノの画像を見る(画像11枚)

ジョルノのカラーバリエーション

ホンダ<7267> ジョルノ くまモンバージョン
・プコブルー(新採用)

・パールソフトベージュ(新採用)

・ポセイドンブラックメタリック

・パールジャスミンホワイト

・パールアンブラウン

・アーベインデニムブルーメタリック

・グラファイトブラック(くまモンバージョン)

ホンダ<7267> 関連記事

ホンダ STEPWGN SPADA ハイブリッド vs トヨタ ヴォクシーどっちが買い!?|ハイブリッドミニバンの代表格を徹底比較!

新東名110km/h区間で大型トラックの道交法違反が多発! 大型車両の第3通行帯走行

ホンダNeuVはAIでドライバーの気持ちを読む!?【東京モーターショー2017】

個性派にオススメ!新型N-BOXに2つのコーディネイトスタイル withはるま

ホンダ モンキー125|生産終了したホンダを代表する原チャが125ccになって復活!?【東京モーターショー2017】

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)17時33分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。