スバル、サンバーバンとディアスワゴンを改良…スマートアシストIII搭載で安全性能が向上

オートックワン 2017年11月14日(火)07時00分配信
スバル<9632> サンバー バン(2017年11月マイナーチェンジモデル)
スバル<9632>は、サンバーバンとディアスワゴンを改良し、11月13日より発売した。価格(消費税込)は、ディアスワゴンが156万600円~181万4400円、サンバーバンが93万4200円~165万5640円。

今回の改良では、サンバーバンにはABSを標準装備、ディアスワゴンにはVDCを標準装備するとともに、軽乗用車系で評価の高い予防安全システム スマートアシストIIIを新たに採用し、ディアスワゴンに標準装備、サンバーバンにオプション展開した。これにより、安全性を大幅に向上させた。

>>サンバーバンとディアスワゴンを画像でチェック!

エクステリアデザインを刷新

スバル<9632> ディアスワゴン(2017年11月マイナーチェンジモデル)
エクステリアは、フロントマスクとリアバンパー周りのデザインを刷新。フロントマスクに力強い新デザインを採用。バンパーに台形モチーフを採用して安定感や力強さを感じさせるデザインとしたほか、傷つきやすいバンパーサイドには交換可能なサイドカバーを採用し、修理時の負担を軽減する。

ヘッドランプは従来型よりシャープ<6753>で精悍なイメージとした。多灯式のLEDヘッドランプを採用し、メッキベゼル付のLEDフォグランプと組み合わせたLEDパックを展開し、視認性と質感を高めた。リアバンパーは、従来よりもエッジのきいたシャープ<6753>な造形とするとともに、リアコンビネーションランプにLEDテール&ストップランプを採用して質感を向上させた。

スバル<9632> サンバー バン(2017年11月マイナーチェンジモデル)

インテリアの質感が向上

インテリアは、ブラック基調のデザインにより室内の質感を大幅に向上させるとともに、インパネデザインも刷新し、マルチインフォメーションディスプレイ付メーターの採用等、使い勝手と上質感を両立させている。

さらに、サンバーバン、ディアスワゴンともにアイドリングストップや電動パワーステアリングを採用し、全グレードで燃費性能を向上させている。

※サンバーとディアスワゴンはダイハツ工業からのOEM供給である

今回の主な改良点

安全性能

・スマートアシストIII:衝突回避支援ブレーキ<7238>機能(対車両・対歩行者)&車線逸脱警報機能&AT誤発進抑制制御機能(前方誤発進・後方誤発進)&先行車発進お知らせ機能&ハイビームアシスト

・リアコーナーセンサー

・VDC(ビークルダイナミクスコントロール)

・エマージェンシーストップシグナル

エクステリア

・新デザインフロントバンパー(交換可能サイドカバー付)&リアバンパー

・新デザインメッキフロントグリル

・LEDリアコンビランプ(LEDテール&ストップランプ)

・LEDヘッドランプ+メッキベゼル付LEDフォグランプ(LEDパック)

・ハロゲンヘッドランプ

インテリア

・ブラック基調インテリア

・新デザインインパネ

・マルチインフォメーションディスプレイ付メーター

・マルチインフォメーションディスプレイ&タコメーター付ルミネセントメーター

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)07時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。