ダイハツ、介護施設向けの送迎支援システム 「らくぴた送迎」を開発

オートックワン 2017年11月14日(火)12時01分配信
ダイハツ 新型アトレー スローパー

スマホを活用し、最適な送迎を支援

通所介護事業施設向けの送迎支援システム「らくぴた送迎」 らくぴた送迎
ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、2017年3月1日の創立110周年に合わせ刷新したグループスローガン「Light you up」のもと、世界中の一人ひとりが自分らしく、軽やかに輝くモビリティライフを提供すべく、ダイハツならではの「モノづくり」の強化と、お客様や地域の方々との接点拡大を主眼とした「コトづくり」に取り組んでいる。

今回は、「コトづくり」活動の一つとして、通所介護事業施設(デイサービスなど)向けの送迎支援システムとなる「らくぴた送迎」を開発した。

今回のシステムは“短時間"で“家の前まで送迎車が来てくれる"など「施設利用者にとって嬉しいコンパクトカーを活用した送迎の普及」に向け、介護施設職員の「送迎業務に関する悩み」に焦点をあて、計画作成/運行管理への悩みを解消するシステムを目指した。システムの特長は下記の通り。

◆施設で保有している全てのクルマですぐに使える、スマートフォンを活用した簡易テレマティクス

◆現在は経験の長い限られた人が、アナログで作成をしている事が多い送迎計画を、システムを活用することで、誰でも簡単に最適な送迎計画を作成可能

◆作成された送迎計画は、各ドライバーが持つ専用スマートフォン端末に送られ、運行記録やキャンセル通知の相互連絡(施設側⇔ドライバー側)もスマートフォンひとつで可能となる国内初の機能を装備し、運転中の煩雑な仕事を減少することで、運転に集中できる環境を提供

◆運行記録を活用し、送迎ルート見直しや車両数の適正化などを行い、業務の効率化をサポート

>>通所介護事業施設向けの送迎支援システム「らくぴた送迎」について画像でもっと見る

現在、このシステムについては、SOMPO<8630>ケアネクスト株式会社等の一部施設で実証実験をおこなっており、施設職員からは「無理のない計画を、経験の浅い職員でも作成できるようになった」「余裕のある計画により運転中の業務負荷が低減され、運転に集中できる」「実際に稼動する車の数を減らすことができた」など「らくぴた送迎」を歓迎する声が上がっている。

今後、東京、千葉、埼玉、神奈川などの施設を対象に実証実験を拡大し、2018年度内のサービス提供を視野に検討するなど、ユーザーの生活を豊かにするモビリティ社会の実現を目指す。

関連リンク

ダイハツ ハイゼットカーゴが間もなくマイナーチェンジで”スマートアシストIII”搭載【東京モーターショー2017】

大人気スライドドア付き軽自動車TOP5をランキング形式で徹底比較!子育て家庭必見です!

ダイハツ、ハイゼットカーゴに軽商用車初の歩行者を認識する衝突回避支援システムを搭載

商用車にこそ安心安全を! ”スマアシ3”を搭載したダイハツ ハイゼットカーゴ/アトレーワゴンがデビュー

ダイハツから新型SUVが登場!?コンセプトモデル“DNトレック”を世界初公開【東京モーターショー2017】

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)12時01分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。