Shure、イヤフォンのSE215やSE535をiPhoneのLightning端子に直結できるケーブル

AV Watch 01月05日(木)18時54分配信

 Shureは5日、「CES 2017」において、同社のイヤフォンSE215、SE315、SE425、SE535、SE846を、iPhoneのLightning端子に直接接続するための「リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル」(RMCE-LTG)を発表した。2017年春の発売を予定。日本での発売日や価格は未定。

「リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル」(RMCE-LTG)

 これらのイヤフォンはMMCX端子でケーブルの着脱が可能だが、「リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル」と組み合わせる事で、iPhoneなどのiOSデバイスのLightning端子と直結できるようになる。

SE215

 ケーブルの途中に、DACとステレオヘッドフォンアンプを搭載。「Shure独自のデザインにより、外出先でも比類ない明瞭性とダイナミックレンジのデジタルオーディオが楽しめる」という。3ボタンのリモコン/マイクも搭載する。

 さらに、ケーブル着脱可能なSEシリーズのイヤフォンとMMCX端子で組み合わせられ、入力端子に3.5mmのステレオミニを採用、iOS機器向けのリモコンマイクも備えた「リモート + マイクアクセサリーケーブル(RMCE)」も発表。このケーブルにも、3ボタンのリモコン/マイクを搭載する。

リモート + マイクアクセサリーケーブル(RMCE)
AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月05日(木)18時54分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】