“TVのスピーカーでAtmos再生”を実現するIPコア、ケイデンスとドルビーが協業

AV Watch 01月06日(金)12時09分配信

 Cadence Design Systems(ケイデンス・デザイン・システムズ)は4日(現地時間)、Dolby Laboratoriesと協業し、マルチストリーム・デコーダー「MS12 v2.0」をベースに、テレビスピーカーでDolby Atmosに対応する技術を発表した。

 このマルチストリーム・デコーダーは、ケイデンスのTensilica オーディオDSPコアを搭載したシステムオンチップを開発する先行ユーザー向けにリリース。これにより、標準的なテレビのスピーカーで包み込むようなDolby Atmosのオーディオ体験を提供できるとしている。

 ドルビーのMathias Bendullバイスプレジデントは「Dolby Atmosによるテレビ経験など、新たな技術構成要素の進化を通して開発される比類のない新たなオーディオ製品の提供を加速できる」とコメント。

 ケイデンスのオーディオ/音声IPマーケティング担当ディレクターを務めるLarry Przywara氏は「ドルビーとのパートナーシップにより、Dolby Atmos技術を採用した世界初のテレビ開発が可能になったことを喜んでいる」とコメントしている。

AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月06日(金)12時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】