96kHz/24bitでMQAストリーミング配信する「TIDAL Masters」が海外で開始

AV Watch 01月06日(金)18時35分配信

 音楽配信サービスの「TIDAL」は、96kHz/24bitの高音質ストリーミング配信を行なう「TIDAL Masters」をスタートした。これまでは44.1kHz/16bitのFLAC形式だが、TIDAL Mastersでは96kHz/24bitのMQA形式で配信が行なわれる。なお、TIDALは現時点では日本国内ではサービス展開していない。

TIDAL desktop

 TIDAL上の約3万曲のワーナーミュージックグループ楽曲が、TIDAL Masters(master-quality recordings)に対応。PC用アプリのTIDAL desktopのWhat's New→MastersからMasters対応アルバムを選択可能となる。

 TIDAL Premiumメンバーシップ(米国では19.99ドル)の加入者であれば、追加費用は必要ない。ただし、現在TIDAL Mastersが利用できるのは、TIDAL desktopアプリ(Windows/Mac)のみで、iOS/AndroidやWebブラウザや既存のTIDAL対応BDプレーヤーやネットワークプレーヤーなどでは利用できない。

AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月06日(金)18時35分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】