ソニー、小型でも重低音&防水で約9千円のBluetoothスピーカー「XB10」

AV Watch 2017年04月19日(水)13時13分配信

 ソニー<6758>は、コンパクトな筐体で強力な重低音が楽しめるBluetoothスピーカー「SRS-XB10」を5月13日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は9,000円前後。カラーは、ブラック/オレンジレッド/ブルー/グリーン/グレイッシュホワイト/イエローの6色。

SRS-XB10(グリーン)

 約75×91mm(直径×高さ)のコンパクトなBluetooth 4.2モノラルスピーカーで、IPX5の防水仕様。風呂やプール、アウトドアなどでも利用できる。ユニットは46mm径。パッシブラジエータも備え、低域を強化。スピーカー内の容積を、既存モデルのSRS-X1に比べて拡大し、音圧と低域の量感をアップしている。出力は総合5W。

カラーは6色

 ユニットが上を向く縦置きにすると拡がりのある音で聴けるほか、付属のシリコンストラップをスタンドとした横置きではボーカルなどをクリアに聴ける。また、ストラップでの吊り下げも可能。

ストラップ部をスタンドとして使うと横置きに
ストラップで吊り下げて利用できる

 モノラルスピーカーだが、XB10を2台用意してペアリングすることでステレオスピーカーとしても使えるSpeaker Add機能に対応する。スマートフォンとはNFCによりワンタッチでペアリングできる。

NFCでスマホとペアリング

 BluetoothのコーデックはSBCとAACに対応。プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSPをサポートする。本体ボタンで、ペアリングしたスマホなどの音楽再生の一時停止や、曲送り(2回押し)が可能。内蔵バッテリでの連続使用時間は約16時間。充電はmicroUSB経由で行なう。ステレオミニの音声入力端子も装備。重量は約260g。

ブラック
オレンジレッド
ブルー
グリーン
グレイッシュホワイト
イエロー
ステレオミニ入力と給電用のmicroUSB
AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年04月19日(水)13時13分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】