パイオニアのNC対応Lightningイヤフォン「RAYZ Plus」がau +1で先行発売

AV Watch 2017年04月21日(金)12時04分配信

 オンキヨー<6628>&パイオニアイノベーションズは、iPhoneなどのLightning端子と接続する、パイオニアブランドのノイズキャンセリング対応イヤフォン「RAYZ Plus」を4月21日からau公式アクセサリー「au+1 collection」取扱店にて先行販売する。直販価格は15,800円で、5月21日までの独占先行販売となる。カラーはブロンズとグラファイト<7847>の2色。

RAYZ Plus(ブロンズ)

 RAYZ Plusは9.2mm径のダイナミック型ユニットを搭載。リモコン部に48kHz/24bit対応のDACを搭載し、アップルによる第2世代Lightning Audio技術を採用する。NC機能は、ユーザーの耳に合わせてノイズ低減量などを調整するキャリブレーションが可能。iPhone 5以降、iPad mini 2以降、第6世代以降のiPod touchとの接続に対応する。

 Lightning接続用充電ポートをケーブルに装備しており、充電しながら通話や音楽が楽しめるのもRAYZ Plusの特徴。パイオニア<6773>は、充電ポートを省いたRAYZ(実売12,000円)も発表している。

外部からの給電用Lightningジャックを備える

 なお、RAYZ/RAYZ Plusは、2月の製品発表時には3月下旬発売と予告していたが、「開発・生産の日程上の都合」で4月下旬に発売延期していた。

AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年04月21日(金)12時04分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】