ドローンと自動運転車が連携し、有線給電で長時間巡視。エアロセンスとZMP

AV Watch 2017年04月21日(金)14時26分配信

 エアロセンスとZMPは、ドローンと自動運転車を連携した有線給電自律飛行の取り組みを開始した。

エアロセンスUAV×ZMP RoboCar M2

 これまでのドローンは、バッテリーの制約により長時間飛行することができず、また通信の規制により、上空からの長距離リアルタイムデータ伝送ができないため、長時間の巡視業務などには応用が難しいという課題があった。今回の取り組みでは、ドローンを地上と有線でつなぐことで解決。さらに、ZMPの自動運転車両をドローンと連携動作させることで、空と地上の両方から長時間の自動巡視を可能とする。

ユースケース例

 両社は、インフラ管理や警備のリーディングカンパニーと協業しながら、特に長時間に渡り、飛行の安全性が求められる、重要インフラ施設やイベント会場周辺でのより効率的な巡視の実現を目指すという。

エアロセンスとZMPのUAVの有線給電ソリューション
AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年04月21日(金)14時26分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】