JDI、8K液晶ベースの裸眼立体視ライトフィールドディスプレイをNHK-MTと共同開発

AV Watch 2017年05月19日(金)14時21分配信

 ジャパンディスプレイ<6740>(JDI)は、NHKメディアテクノロジー(NHK-MT)と次世代映像に向けた共同研究開発を開始。「17型ライトフィールドディスプレイ」を19日に発表した。5月21日~26日に米カリフォルニアのLos Angeles Convention Centerで開催される「SID DISPLAY WEEK 2017」のJDIブースで技術展示を行なう。

開発された17型ライトフィールドディスプレイ。コンテンツはNHKメディアテクノロジーが制作

 JDIの高精細液晶ディスプレイ技術により、8K液晶ディスプレイをベースとした「17型ライトフィールドディスプレイ」を開発。NHK-MTの高精細な次世代3D映像を組み合わせ、見る視点によって異なった映像を表示可能。実物のような立体感のある映像が、3D専用メガネを使用することなく見られるという。

 ライトフィールドは、現実世界における立体認識の仕組みに基づいた手法。多数の様々な方向に向かう光を再現することで無限の光をシミュレートし、立体視を可能にする。

 新開発のディスプレイを用いたライトフィールド動画「Light Field Imaging」は、サイト内で公開されている

AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月19日(金)14時21分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】