“縦目か横目か”にもこだわった、ロシアンバーチ採用のボード型インシュレータ

AV Watch 2017年08月12日(土)09時15分配信

 音楽之友社は、ヨーロッパ規格のロシア産白樺合板(ロシアンバーチ)を使った、ボード型のインシュレータ「レイヤーフェイス・ボード・インシュレーター 2本セット」を発売している。直販サイトのオントモ・ヴィレッジで販売しており、価格は7,800円。注文から5営業日以内に発送するという。製造元はテツヤ・ジャパン。

コンポの下に「レイヤーフェイス・ボード・インシュレーター」を設置した使用イメージ

 CDプレーヤーやアンプなどの下部に敷くインシュレータ。音質的な配慮から、床やオーディオ機器との接地面に積層面がくるようにデザインされている。さらに、スティック形状とすることで、セッティングがしやすいという。

「レイヤーフェイス・ボード・インシュレーター」
音質的な配慮から、床やオーディオ機器との接地面に積層面がくるようにデザイン

 使われているロシアンバーチは、樹皮が白いことで知られる白樺(カバノキ科の落葉樹)。表面と断面が美しい木目であり、一般合板の約3倍の曲げ強度も備えている。ヨットの材料にも使われる高度な耐水性を持ち、音響設備、デザイン家具、住宅建材などにも使われている。

 このロシアンバーチに、ウレタン塗装を施している。これにより、「無塗装に比べ、塗装したものの方が澄んだS/N比の高い音質、繊細な高音、コントラストのしっかりしたきれいな音が得られる」という。外形寸法は60×330×25mm(幅×奥行き×高さ)。

スピーカーと組み合わせたところ
AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月12日(土)09時15分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】