ソニー、4K HDRハンディカム「FDR-AX700」を欧州発表。XDCAMやNXCAMも

AV Watch 2017年09月15日(金)17時34分配信

 ソニー<6758>は、オランダ・アムステルダムで15日(現地時間)から開催される国際放送機器展「IBC 2017」で、AF性能を強化した4K HDR対応ハンディカム「FDR-AX700」などの新製品を発表した。

4K HDR対応ハンディカム「FDR-AX700」

 小型の4Kビデオカメラとして、HLG(Hybrid Log-Gammma)方式の4K HDR記録に対応したXDCAM「PXW-Z90」、NXCAM「HXR-NX80」、ハンディカム「FDR-AX700」の3製品を発表。プロからはハイアマチュアまでの幅広いユーザーに4K HDR撮影を提供する。ハンディカムは欧州で10月から、XDCAM/NXCAMは12月から発売予定。

左からXDCAM「PXW-Z90」、NXCAM「HXR-NX80」、ハンディカム「FDR-AX700」

 高い動画AF性能が特徴で、273点像面位相差検出AFセンサーの高密度配置によって実現。イメージセンサーは、1.0型積層型CMOSのExmor RSを搭載する。映像エンジンは「BIONZ X」で、最高100Mbpsの4K/30p撮影に加え、960fpsのスーパースロー撮影やフルHD解像度での120fpsスロー撮影にも対応。S-Log3/S-Gamut3にも対応する。レンズは広角29mmからの「ZEISS Vario-Sonnar T」で光学12倍ズーム<6694>

XDCAM「PXW-Z90」

 プロキシ記録にも対応。リモート撮影やデュアルメモリーカードスロットなどを装備。いずれも、0.39型の有機ELファインダーや3.5型の液晶モニターを搭載する。

 XDCAM「PXW-Z90」とNXCAM「HXR-NX80」はデュアルXLRオーディオ出力や着脱式のハンドルを装備。さらに、PXW-Z90はXVC形式での記録に対応し、4:2:2 10bit(HD)/4:2:0 8bit(QFHD)撮影に対応する。HXR-NX80とハンディカムのFDR-AX700はXAVC S形式での記録となる。

NXCAM「HXR-NX80」
ハンディカム「FDR-AX700」
AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)17時34分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。