au、「Xperia XZ1」を11月中旬発売。Android 8.0、HDR/aptX HD対応

AV Watch 2017年10月11日(水)10時08分配信

 auは、HDR対応の5.2型フルHD液晶を備えたソニーモバイルコミュニケーションズ製のAndroid 8.0 Oreo搭載スマートフォン「Xperia XZ1」を、11月中旬に発売する。本体カラーはブラック、ウォームシルバー、ムーンリットブルー、ヴィーナスピンクの4色。

au、「Xperia XZ1」を11月中旬発売。Android 8.0、HDR/aptX HD対応 Xperia XZ1
Xperia XZ1

 Xperia XZ1は、'17年春から発売された4K/HDR液晶搭載のフラッグシップ機「XZ Premium」に次ぐ位置づけのモデルで、ドイツ・ベルリンで9月に行なわれた「IFA 2017」で初披露され、日本を含むグローバルで順次発売予定としていた。

 また、「au +1 collection」において、カバーを閉じたままXZ1を操作できるソニー<6758>純正ケース「Xperia XZ1 Style Cover Touch」や保護ガラスのほか、XZ1と調和のとれたカラーのワイヤレスヘッドフォン「h.ear on 2 Mini Wireless(WH-H800)」や、左右独立型のワイヤレスのノイズキャンセリングイヤフォン「WF-1000X」も順次発売する。

スピーカー音圧50%アップ。aptX HDにも対応

 5.2型/1,920×1,080ドット液晶の「トリルミナスディスプレイ for mobile」を備え、XperiaのフルHDモデルでは初となるHDR対応。NetflixやdTVのHDRコンテンツなどを楽しめる。

au、「Xperia XZ1」を11月中旬発売。Android 8.0、HDR/aptX HD対応 ブラック
ブラック

 フロントステレオスピーカーは、“Xperia史上最高の音圧/音量”を実現。高出力のアンプを内蔵し、昨年モデルのZと比べて音量を約50%アップしたS-FORCE FRONT SURROUNDスピーカーを備える。ヘッドフォン利用時の音質も改善しており、クロストークの削減によりクリアなステレオ感などを実現したという。

 ハイレゾ再生に対応し、圧縮音楽をハイレゾ相当の音質に変換再生するDSEE HXも搭載。デジタルノイズキャンセリング機能も備える。PlayStation 4のリモートプレイにも対応。

 Bluetooth 5.0を搭載。コーデックはLDACに加えてaptX HDにも新たに対応。aptX HD接続時は対応ヘッドフォンとの組み合わせで最大48kHz/24bitのハイレゾ音源(576kbps)も伝送できる。なお、LDACは最大96kHz/24bit(990kbps)。

au、「Xperia XZ1」を11月中旬発売。Android 8.0、HDR/aptX HD対応 ウォームシルバー
ウォームシルバー
au、「Xperia XZ1」を11月中旬発売。Android 8.0、HDR/aptX HD対応 ムーンリットブルー
ムーンリットブルー
au、「Xperia XZ1」を11月中旬発売。Android 8.0、HDR/aptX HD対応 ヴィーナスピンク
ヴィーナスピンク

自分の顔が3Dキャラになって動く

 カメラは、シャッターを押す前の写真も自動で保存する「先読み撮影」を強化し、笑顔を検知して自動で保存可能。シャッターを押す5秒前までのタイミングで最大4枚記録され、「思いがけない一瞬の笑顔」も残せるという。

 動く被写体に追従する「オートフォーカス連写」にも対応。デジタルカメラαの技術を応用したもので、AF追従により秒間10コマ/最大10秒の100枚まで連続で撮れる。レンズやデバイスなどは上位機のXZ Premiumと同じで、メインカメラに1,900万画素の1/2.3型CMOSを搭載し、最高960fpsのスーパースローモーション撮影にも引き続き対応している。フロントカメラは1,300万画素で、広角22mm対応。自撮りなどで明るく撮影できるディスプレイフラッシュにも新たに対応した。

 メインカメラは4K動画も撮影可能。従来は4K動画を撮る場合、カメラアプリの「4Kビデオ」を別途起動する必要があったが、新たに通常のビデオアプリに統合。解像度設定で4Kも選べるようになった。

 カメラを使った独自の機能として、人の顔や食べ物などの形を立体的に撮影できる「3Dクリエーター」にも対応。被写体の周りを180度または360度回りながら撮影することにより、1つのレンズでも立体的な静止画が記録できるソニー<6758>独自の3D撮影技術を採用している。

 撮影後はアプリ上で3Dアバターにしたり、SNSでのシェアなどに使える。3D撮影時のモードとして、「顔」(180度)、「頭部」(360度)、「フード、、「自由造形」のメニューを用意。

au、「Xperia XZ1」を11月中旬発売。Android 8.0、HDR/aptX HD対応 アバターの作成例
アバターの作成例
au、「Xperia XZ1」を11月中旬発売。Android 8.0、HDR/aptX HD対応 アニメーションとして自由に動く
アニメーションとして自由に動く

 XZ1を横に持って、顔などの周りを横に移動しながら撮影すると、カメラで対象物の形を高速撮影。読み取れなかった部分なども繰り返して撮ることでより高精度にスキャンでき、約30~60秒で完了。人の顔以外では、ぬいぐるみなど、動かない物体が適しているという。

au、「Xperia XZ1」を11月中旬発売。Android 8.0、HDR/aptX HD対応 人の顔など撮影対象の横を回るように撮影
人の顔など撮影対象の横を回るように撮影
au、「Xperia XZ1」を11月中旬発売。Android 8.0、HDR/aptX HD対応 スキャンし直すように何度かカメラを動かすと撮影終了
スキャンし直すように何度かカメラを動かすと撮影終了
au、「Xperia XZ1」を11月中旬発売。Android 8.0、HDR/aptX HD対応 作成後に簡単な加工も可能
作成後に簡単な加工も可能

 作成された3Dデータには自動でアニメーションを付けることが可能。カメラアプリの「ARエフェクト」上で動画として表示できるほか、11月以降に提供予定のアップデートで3Dアニメーションも作成可能。衣装やポーズ、背景、テキストを加えてアニメーションGIFとして保存。1:1サイズのGIFファイルとなり、アルバムからSNSにシェアできる。また、3Dクリエーターで作成したものを、Live壁紙として保存することも可能。

 スキャンした時の3Dデータの拡張子は.obj。これを元に、3Dプリンタを使ってフィギュアの作成もできる。11月以降に3Dクリエーターアプリがアップデートされ、DMM.makeの有料サービスと連携可能し、自分の顔などのオリジナルフィギュアが作れる。

au、「Xperia XZ1」を11月中旬発売。Android 8.0、HDR/aptX HD対応 DMM.makeの3Dプリント注文サービスとも連携
DMM.makeの3Dプリント注文サービスとも連携

 就寝前に通知や画面の明るさを抑えたり、仕事中は通知を制限するといった設定が可能な「Xperiaアクション」機能には、新たに「通勤中」と「ゲーム中」の項目が追加。ゲーム中のアクションとしては、通知をブロックしたり、本体を手に持っている時は画面をONのままにすることが可能。通勤中は、ミュージックアプリを開始したり、BluetoothをONにするなどのアクションが利用できる。

au、「Xperia XZ1」を11月中旬発売。Android 8.0、HDR/aptX HD対応 ムーンリットブルーの前面と背面
ムーンリットブルーの前面と背面

 チップセットはクアルコムのSnapdragon 835で、CPUはオクタコア 64bitのMSM8998、RAMは4GB。ストレージは64GB。au回線の通信速度は、受信最大708Mbps。

 バッテリ容量は2,700mAhで、従来機のXZなどよりも容量は少ないが、連続使用時間は従来機と同等としている。インターフェイスはUSB 3.1で、端子はType-C。Quick Charge 3.0に対応する。Qnovoのバッテリ制御技術も引き続き搭載。バッテリの状態に合わせて最適な充電が行なえ、長寿命を実現する。

 無線LANはIEEE 802.11a/b/g/n/ac。指紋認証にも対応する。本体は押出成形のメタル素材を使用し、曲げ/ねじれ強度はXperia史上最高としている。側面から背面に継ぎ目がなくつながったデザインとし、側面のメタル部分はアンテナの機能も兼ねている。IPX5/8とIP6Xの防水防塵仕様。表面はGorilla Glass 5。外形寸法は148×73×7.4mm(縦×横×厚さ)、重量は156g。

AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)10時08分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。