AbemaTV初のオリジナル連続ドラマ。総製作費3億円超、声優に憧れる若者の「#声だけ天使」

AV Watch 2017年10月11日(水)12時02分配信

 AbemaTVは、開局以来初となる、企画から脚本まで完全オリジナルの連続ドラマ第一弾「#声だけ天使」を、2018年1月クールの10週に渡って配信することを決定した。「地上波ドラマ作品と並ぶ本格的な制作体制」としており、総製作費は3億円以上。

AbemaTV初のオリジナル連続ドラマ。総製作費3億円超、声優に憧れる若者の「#声だけ天使」 「#声だけ天使」(C)AbemaTV
「#声だけ天使」
(C)AbemaTV

 AbemaTVオリジナルドラマ進出記念作品として制作。脚本は、劇作家、演出家、劇団扉座の座長であり、「スーパー歌舞伎<9661>II ワンピース」などの舞台やドラマを手掛ける横内謙介による書き下ろし。「アニメの聖地、池袋を舞台に、声優に憧れ上京してきた主人公・ケンゾウと同じ志を持つ4人の仲間の、友情と純愛、挫折と希望を描く青春群像劇」としている。監督は尾形竜太、制作プロダクションは角川大映スタジオ。

 主人公・ケンゾウ役を演じるのは、約1,000人のオーディションで、ケンゾウのイメージ通りだったと監督が惚れ込み、演技力が高く評価された若手俳優の亀田侑樹。今回のドラマが初の主演作となる。ケンゾウが“声”を届けたことをきっかけに恋をするさくら役は、モデル・女優の仁村紗和。ケンゾウをとりまく仲間、筋金入りのアニヲタ・コミュ障・引きこもりのシンジ役は、映画「怒り」で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した佐久本宝。ボーイッシュな声を得意とするサディスティック少女、茜役に松本妃代、かつてはアイドル志望だったロリ声の不気味なおばさん・しのぶ役は山口景子。元エリートエンジニアで離婚調停間近の45歳、寺本役は久ヶ沢徹。この“何者でもない夢追う5人”が、ボイスサービスサイトを立ち上げ、様々な壁にぶち当たりながらも奮闘していく様子と、“声”を通じて心を通わせ、見返りを求めないまっすぐな純愛が描かれる。

AbemaTV初のオリジナル連続ドラマ。総製作費3億円超、声優に憧れる若者の「#声だけ天使」 「#声だけ天使」の主なキャスト(C)AbemaTV
「#声だけ天使」の主なキャスト
(C)AbemaTV
AbemaTV初のオリジナル連続ドラマ。総製作費3億円超、声優に憧れる若者の「#声だけ天使」 (C)AbemaTV
(C)AbemaTV

 エグゼクティブプロデューサーを務めるAbemaTVの藤田晋社長は「今回、最高の脚本とオーディションで選びぬいた妥協のないキャスティング、“純愛”“青春”という普遍的なテーマで、若者をはじめ幅広い世代の視聴者を魅了する作品として、みなさまに楽しんでいただけることを期待しています」とコメントしている。

 「AbemaTV」は、8月7日時点で2,000万ダウンロードを突破し、開局2年目も利用者が増加。10代、20代の若者を中心とした視聴者に向けたリアリティーショーやバラエティ生放送のほか、アニメやドラマなどの一挙放送や特別番組なども制作している。今後はバラエティやリアリティーショーに加え、オリジナルドラマの制作も積極的に行なっていくという。

AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)12時02分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。