「テープレコーダの操作性」目指した、1万円のポータブルプレーヤー。ラジオ録音も

AV Watch 2017年10月12日(木)13時25分配信

 クマザキエイムは、Bearmaxブランドの新製品として、本体でアナログ録音やラジオの録音、再生が可能なポータブルプレーヤー「デジらく More(モア)」(DPR-726)を発売した。価格は1万円。販売ルートは通信販売を中心に展開する。

「テープレコーダの操作性」目指した、1万円のポータブルプレーヤー。ラジオ録音も 「デジらく More」(DPR-726)
「デジらく More」(DPR-726)

 8GBのストレージメモリを搭載。3.5mmステレオミニのアナログ音声入力端子を備え、WAV形式で録音が可能。録音可能時間は約143時間。出力は3.5mmステレオミニを1系統用意。最大10mW出力のモノラルスピーカーも搭載。

 FM/AMラジオも搭載し、ワイドFMにも対応。ラジオを録音する事もできる。

 2インチのカラー液晶ディスプレイを備え、大きな文字で表示。「アナログ・テープレコーダーの操作性」を目指したとしており、ひとつのボタンへの機能重複、長押しを最小限にとどめたシンプル設計のダイレクトボタンを採用した。

 内蔵のリチウムイオン充電池を使用。連続使用時間は5~6時間。スクリーンセーブ機能を使った場合は15~20時間。

 外形寸法は100×59×14mm(縦×横×厚さ)。重量は71.5g。イヤフォンなどが付属する。

「テープレコーダの操作性」目指した、1万円のポータブルプレーヤー。ラジオ録音も 同梱品一覧
同梱品一覧
AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)13時25分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。