シャープ、AQUOSブルーレイの2K BDモデル。トリプルチューナ機も

AV Watch 2017年10月12日(木)11時05分配信

 シャープ<6753>は、BDレコーダ「AQUOSブルーレイ」の2K BD対応のNT/NW/NSシリーズ5モデルを11月30日より発売する。価格はオープンプライス。トリプルチューナ搭載で、HDD容量1TBの「BD-NT1200」は店頭予想価格75,000円前後、ダブルチューナで1TBの「BD-NW1200」は65,000円前後で、ホワイトカラーの「BD-WW1200」も用意。ダブルチューナで500GBの「BD-NW520」は55,000円前後、シングルチューナで500GBの「BD-NS520」は5万円前後。

シャープ、AQUOSブルーレイの2K BDモデル。トリプルチューナ機も 左からBD-NT1200、BD-WW1200、BD-NS520
左からBD-NT1200、BD-WW1200、BD-NS520
型番 チューナ数 HDD容量 店頭予想価格
BD-NT1200 3 1TB 75,000円
BD-NW1200 2 65,000円
BD-WW1200 2 65,000円
BD-NW520 2 500GB 55,000円
BD-NS520 1 5万円

 10月30日発売予定の4K Ultra HD Blu-ray(UHD BD)対応のUT<2146>/UWシリーズとともに、新AQUOSブルーレイラインナップを年末商戦に投入。UHD BD対応製品については別記事で紹介している

 チューナやHDD容量の違いで5モデルを用意。いずれも12倍速の長時間録画に対応するほか、LANを用いたスカパー! プレミアムサービス録画にも対応する。別売のUSB HDDへの録画にも対応。G-GUIDEの人物や番組情報を用いて、キーワードを選ぶだけで好みの番組を検索できる「簡単サクッと検索」に対応する。

シャープ、AQUOSブルーレイの2K BDモデル。トリプルチューナ機も BD-NT1200/NW1200
BD-NT1200/NW1200
シャープ、AQUOSブルーレイの2K BDモデル。トリプルチューナ機も BD-WW1200
BD-WW1200

 UHD BD搭載の上位シリーズから、UHD BD再生機能や可変速早見、4Kビジュアル番組表などの機能が省かれるが、そのほかの多くの仕様は上位機を踏襲。耐久性を向上したホコリシールドBDドライブや、連続ドラマを自動で4週間分録画できる「ドラ丸」、滑らかな番組早送りが可能な「250倍速なめらかサーチ」などに対応する。なお、早見は1.5倍固定となる。

 録画番組の引っ越しなどに利用できるSeeQVaultもサポート。1TB HDDのBD-NT1200/NW1200/WW1200は、LAN端子と無線LANを装備、その他のモデルはLAN端子のみ。外出先からのリモート録画予約やリモート視聴機能も備えている。

シャープ、AQUOSブルーレイの2K BDモデル。トリプルチューナ機も BD-NW520/NS520
BD-NW520/NS520

 HDMI出力は1系統。外形寸法は430×195×48mm(幅×奥行き×高さ)。重量はNT1200/NW1200/WW1200が約2.2kg、NW520/NS520が約2.1kg。

AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)11時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。