サッカー日本代表戦で国内初“スタジアムでVR観戦”するシート。auユーザー限定100人

AV Watch 2017年11月13日(月)14時00分配信

 KDDI<9433>は、12月に開催されるサッカー日本代表戦の「EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会」において、VRを活用した新たなサッカー観戦体験「au Future Stadium」を展開。VRゴーグルを装着し、ライブ映像、リプレイ映像、ハイライト映像を5視点からVR視聴できる「au VR Seat」を12月16日の試合で用意し、auのユーザーに抽選で提供する。

「au VR Seat」で利用するVRゴーグル

 au Future Stadiumは、3つの新たな観戦体験を用意。1つはVRゴーグルとスマホを使う「au VR Seat」をスタジアム観客席の一部に設置。VRゴーグルを装着して試合を観戦し、VR映像でLIVE映像、リプレイ映像、ハイライト映像を5視点から楽しめる。サッカースタジアム観客席でのVR観戦は、国内初の取組み。

 テレビ中継向けの新技術として「au/4DReplay」も開発。スタジアムサイドに敷設された約100台のカメラで撮影した自由視点リプレイ映像をリアルタイムで生成するもので、単純なリプレイやハイライトだけでなく、目の届かない様々な視点からの映像をテレビ中継で楽しめるという。なお、このサービスの対象の試合は男子の全6試合。

 さらに、選手のプレー内容(シュート・ファール・ポゼッションなど)の客観的なスタッツデータを元に、試合に最も貢献したプレーヤーを選出する新しい表彰「au Stats Award」をauが創出。ゴールや勝敗だけでなく、試合への関与・貢献度を可視化する指標で、全チームと選手が対象となる。選ばれた選手とチームには特別なトロフィーが贈呈されるほか、au BLUE CHALLENGEのサイトでスタッツデータを公開する。対象となる試合は男女全12試合。

スタッツデータのイメージ

 「au VR Seat」は12月16日、味の素<2802>スタジアムでの試合において、auユーザー限定で、50組100人が抽選で体験可能。体験すると、auオリジナルデザインのタオルマフラーもプレゼントされる。

 応募は特設サイトから行ない、応募期間は2017年11月21日20時まで。「au VR Seat」だけでなく、憧れの選手とピッチへ入場できる「エスコートキッズ」や、観戦チケットプレゼントなの企画も行なっている。

AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)14時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。