身に着けるだけでパーソナル空間を作るパナソニック「WEAR SPACE」

AV Watch 2017年11月13日(月)13時56分配信

 パナソニック<6752> アプライアンス社デザインセンターの「FUTURE LIFE FACTORY」は、身に着けることで心理的なパーソネル空間を作り出せるというウェアラブルデバイス「WEAR SPACE」を、ファッションブランドANREALAGE(アンリアレイジ)の展覧会「A LIGHT UN LIGHT」(11月9日~26日)に出品している。

A LIGHT UN LIGHTのために制作した特別仕様の「WEAR SPACE」

 「WEAR SPACE」は、ノイズキャンセル技術と視覚的に空間を遮るパーテーションを用いて、“身に着けることで心理的なパーソナル空間をどこにでもつくり出す”という新コンセプトのウェアラブルデバイス。展覧会では、特別仕様の「WEAR SPACE」により鑑賞者一人一人がANREALAGEのコレクションに集中できる視聴体験を提供するという。

 このコラボレーションは、ANREALAGEデザイナー森永邦彦氏が「WEAR SPACE」のコンセプトに共感し実現。パナソニック<6752>では、展覧会への出品を通して、「WEAR SPACE」の装い、ファッションとしての可能性を模索し、「個の空間を着る」というコンセプトの商品化に向けて、磨き育てていくとしている。

WEAR SPACE

 展覧会「A LIGHT UN LIGHT」は、東京・池袋のパルコミュージアム 池袋パルコ<8251>・本館7Fで11月9日~26日まで開催。入場料は一般500円、学生400円(小学生以下無料)。2018年にロサンゼルスでの開催も決定している。

AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)13時56分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。