オンキヨー、音質にもこだわるGoogleアシスタント対応スマートスピーカー「G3」

AV Watch 2017年11月14日(火)10時00分配信

 オンキヨーグループは、GoogleアシスタントやChromecast built-inに対応した、AI対応スマートスピーカー「G3(VC-GX30)」を、オンキヨーブランドから11月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は25,000円前後。カラーはブラックとホワイト。

スマートスピーカー「G3(VC-GX30)」のブラックモデル

 無線LAN機能を備え、2.4GHz、5GHzに両対応。Googleアシスタントを活用し、ユーザーの質問への応答、天気予報やニュースの読み上げ、カレンダーの確認、周辺の店舗検索、タイマーやアラーム設定、ストリーミングミュージックやラジオの再生など、音声でのコントロールが可能。

 スマートホームにも対応し、照明機器など、Googleアシスタントが、スマートホーム向けアプリを音声で制御したり、電源のON/OFFなどをハンズフリーで行なえる。ただし、別途対応デバイスが必要となる。

 Chromecast built-inにも対応。Google Playミュージック、TuneIn、radikoなどのストリーミングサービスから、複数の部屋にあるオンキヨー<6628>パイオニア<6773>、Integraブランドのサウンドバー、AVアンプ、オーディオコンポなど、Chromecast built-in搭載機器へと、ストリーミング再生が可能。ボリュームのコントロールや曲の選択などの操作は「OK Google」と呼びかけ、音声で操作できる。

 Bluetoothにも対応しており、スマートフォンやタブレットからの音楽も手軽に再生できる。

ホワイトモデル

 スピーカーとしては、新開発の高音質技術を投入。「小型ながら大型スピーカーのような豊かな高音質再生を実現した」という。

 振動解析を活用し、筐体が生み出す響きもコントロール。筐体剛性を追及し、スピーカーユニットからのパフォーマンスを低下させる定在波や振動などの干渉を排除した。

 フロントのパンチンググリルを凸構造にすることで、反射波との共振も抑制。ノイズや声のこもり感を抑えた。さらに、従来のユニットの1.5倍の振幅量と力強い駆動力のマグネットを持つ新設計のカスタムウーファを強固なフレームで固定。サイズを超える豊かな中低音を実現したという。ツイータはドーム型。

 アンプ部には、高効率なスイッチングアンプを採用。小型ながら力強いサウンドを実現したという。ユニット解析技術を元にした最適な重低音、及び中高音専用の独自信号処理技術を使い、小型ながら迫力のある音楽再生と、アシスタントの応答の聞こえやすさも実現したとする。

 マイク特性を改善させるため、マイク基板を天面ラバー部に直接固定。他の筐体と接触しないフローティング構造を採用。マイクに伝わる内部振動を抑制しフラットな特性を実現する事で、G3で音楽を再生している間に問いかけても、アシスタントの応答の良さを可能にしている。

AV Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。