ヴァージン・クルーズが「ヴァージン・ヴォヤージュ」の名の下に新たな航海を始める

ビジネスワイヤ 10月21日(金)02時39分配信

(ビジネスワイヤ) -- ヴァージン・グループ創設者のサー・リチャード・ブランソンは本日、傘下のクルーズ会社の新たなアイデンティティーとなる「ヴァージン・ヴォヤージュ」を披露しました。ブランソンは社長兼最高経営責任者(CEO)のトム・マカルピンと一緒に名称を公開するとともに、ヴァージン・ヴォヤージュがイタリアの一流造船所のフィンカンティエリとクルーズ船3隻の造船契約を正式に締結し、またクリーンエネルギー・システムのクライメオン・オーシャン<3096>を導入する最初のクルーズラインとなることを発表しました。

このスマート・ニュース・リリースにはマルチメディア資料があります。リリースの完全版はこちらをご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20161018006741/en/

新社名披露イベントはファエナ・ホテル・マイアミビーチで行われました。豪華なビーチのセットを背景にデッキチェアの上で2人のダンサーが踊っているところにサー・リチャード・ブランソンが登場し、会場に詰めかけた国際ニュースメディアやマイアミの政界と実業界のリーダーの耳目を集めました。

ブランソンは、ヴァージン・ヴォヤージュはクルージング産業に前向きな変化を起こすことに力を注ぐと語りました。「何千人もの将来の乗客の皆さまと旅行業界のプロフェッショナルが考えを聞かせてくれ、私たちは『海の上で最高のバケーションをお届けする』という課題を与えられました。新しい名前ひとつとっても、大いに期待にしていただけるものだと自負しています。ここに、ヴァージン・ヴォヤージュをお披露目できて嬉しく思います。クルーズ船3隻の建造という大仕事を終えて、クルーズの未来を象徴する船で皆さまをお迎えできる日を心待ちにしています。」

ヴァージン・ヴォヤージュは筆頭投資家のベイン・キャピタル・プライベート・エクイティとヴァージン・グループによる出資を受けており、船3隻の購入資金となる数十億ドルの融資パッケージは間もなく最終承認される見込みです。筆頭融資パートナーはカッサ・デポージテ・プレスティティ(Cdp)とウニクレディットで、融資はイタリアの輸出信用機関SACEが保証し、SIMESTが支援します。SACEとSIMESTは共にCdpの子会社です。マカルピンが説明した船の建造スケジュールによれば、工事開始が2017年初頭で、ジュネーブでの起工は2017年第4四半期を予定しています。

マカルピンは、次のように述べています。「ベイン・キャピタル・プライベート・エクイティ、ヴァージン・グループ、フィンカンティエリをはじめとする世界クラスのパートナー、ならびにCdp、ウニクレディット、SACE、SIMESTのような有力金融機関に支えられているヴァージン・ヴォヤージュは、強力な後ろ盾を持ち、素晴らしいクルーズ商品を生み出すために全力をあげていることを示しています。今までのクルーズやバケーションとはまったく違う、『ヴァージンならではのスタイル』のアドベンチャー<6030>を楽しむ人生が変わるような体験をお届けします。」

ヴァージン・ヴォヤージュは、クリーンエネルギーのイノベーターとして世界的に知られるクライメオンと提携する初めての主要クルーズ船企業となり、低グレードエネルギーをクリーンな電気に変えるシステム「クライメオン・オーシャン<3096>」をクルーズ船3隻に導入します。導入による環境的影響は、船1隻ごとに年間推計5400トンのCO2削減となります。これは18万本の木が30年間で吸収するCO2量に相当します。

クライメオンの創設者兼最高経営責任者(CEO)のトマス・オストロムは、次のように述べています。「クライメオン熱発電システムは環境に優しい画期的な技術で、ヴァージンとの提携は当社にとって大きな意味を持ちます。サー・リチャード・ブランソンとヴァージンが持続可能性に注目し、この技術を業界に先駆けて取り入れる決定を下したことをとても嬉しく思います。温水を電気に変えるシステムは、これからの発電の主要なエネルギー源になると考えています。」

ヴァージン・ヴォヤージュの最初の船は2020年にマイアミ港に入港する予定で、2700人以上の乗客と1150人以上の意欲に満ちた乗組員が乗船する見込みです。最初の船ではさまざまな種類のカリブ海航路を取り揃え、ユニークで社交の機会に満ちたクルーズ体験を提供します。詳細についてはヴァージン・ヴォヤージュのウェブサイト(www.virginvoyages.com)をご覧になるか、インスタグラム、スナップチャット、ツイッター、フェイスブックで@virginvoyagesをフォローしてください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20161018006741/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月21日(金)02時39分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】