ポイント72がシンガポールのOUEベイフロントのオフィススペースを倍増、当地域トップの人材を採用する取り組みを確認

ビジネスワイヤ 2016年11月15日(火)21時10分配信

(ビジネスワイヤ) -- ポイント72アセット・マネジメントは、シンガポールのマリーナベイのOUEベイフロントに用意した新たなオフィススペースに月曜日に移転しました。この8880平方フィートのスペースでは最大60人の従業員が働くことができ、広さは以前のシンガポール・オフィスの2倍になりました。

ポイント72の海外事業のマーク・デスミット最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社は、世界中で当業界の最も優秀な人材を積極的に見つけて惹き付け、留まってもらうよう努めています。シンガポールは、そうした人材の重要な供給源だと思います。」

ポイント72は、シンガポールの現在のオフィスを2009年に従業員6人で開設しました。今日では、2016年に入社した9人を含め、シンガポールに従業員27人を擁しています。当社は、2006年に香港オフィスを設立して以来、アジアで事業を展開しています。

ポイント72のクリス・カワード海外事業リスク担当ヘッド兼シンガポール・オフィス代表は、次のように述べています。「当地域での当社の成長に対応できるスペースに移転できて非常にうれしいです。私たちは、出来る限り有能な人材を集めることから始めて、シンガポールでの存在感の拡大に努めます。」

会議室、アップグレードしたビデオ会議機能、チームが気軽に集まれるスペース、オープンなパントリーと座席のエリア、ウェルネスルームを備えた新オフィスの配置と設計により、シンガポール・オフィス内と当社の他のオフィス間で従業員の共同作業が促進されます。

デスミットは、次のように述べています。「当社は従業員の健康と福祉に非常に気を使っており、それは従業員が毎日の仕事に必要なクラス最高の器具・設備を確実に使用できるようにすることから始まります。強固な文化は一流の職場から始まります。」

ポイント72は、アジア太平洋地域の人員140人以上を含め、全世界で1000人以上の従業員を擁しています。

ポイント72アセット・マネジメントについて

ポイント72アセット・マネジメントは、創業者のスティーブン・A・コーエンならびに有資格従業員の個人資産の運用を手掛けるファミリー・オフィスです。ポイント72は一任勘定のロング/ショート株式投資を主力とし、クオンツ運用やマクロ運用を活発に行っています。当社のロング/ショート運用部門はポイント72アセット・マネジメントとエバーポイント・アセット・マネジメントです。キュビスト・システマチック・ストラテジーズはクオンツ戦略を担当しています。コネティカット州スタンフォードを本拠とする当社は、ニューヨーク、ロンドン、香港、東京、シンガポールにオフィスを置いています。ポイント72アセット・マネジメントLPはファミリー・オフィスであり、外部からの投資を求めること、勧誘すること、受け入れることはありません。www.Point72.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月15日(火)21時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。