ザ エスティ ローダー カンパニーズがトゥー フェイスドを買収へ

ビジネスワイヤ 2016年11月17日(木)21時58分配信

(ビジネスワイヤ) -- ザ エスティ ローダー カンパニーズ(NYSE:EL)は本日、消費者に愛されるハイクオリティでスタイリッシュな商品で知られるフェミニンかつポップなメイクアップブランドのトゥー フェイスドの買収契約を締結したと発表しました。専門小売店やオンライン販売で最も大幅な成長を記録しているメイクアップブランドの一つであるトゥー フェイスドが加わることで、世界的に急成長中の高級メイクアップ商品市場における当社のリーダーとしての基盤が強化され、専門小売店チャネルの顧客層への浸透が進み、ミレニアル世代をつかむことができます。これは、まさに当社の戦略と合致していると言えます。

1998年に美容界のビジョナリーであるジェロッド・ブランディーノとジェレミー・ジョンソンにより設立され、現在ではジョンソンとブランディーノに最高経営責任者(CEO)のエリック・ホールを加えた3名が統括するトゥー フェイスドは、大胆なまでに力を与える目元、フェイス<4295>およびリップ用のメイクアップ商品を提供しています。クオリティの高さ、革新的な処方、刺激的な商品名、ユニークなパッケージで広く愛されるトゥー フェイスドは、情緒的で信頼に満ちた消費者とのつながりを築くことにより熱烈な支持を得ており、ソーシャルメディア、ファッション、ポップカルチャーが大好きなミレニアル世代の間に活気にあふれたコミュニティーを作り上げています。トゥー フェイスドのインスタグラムのフォロワー数は730万人を超えており、米国内の専門小売店で売上高8位以内にランクしています。

過去数年、トゥー フェイスドは目覚ましい成長を遂げており、2016年の純売上高は2億7,000万ドルを超える見通しです。その結果前年比の売上高成長率は70%以上に達することになり、過去3年間の年平均成長率は60%となります。トゥー フェイスドは、2015年から有力グロースエクイティ投資会社のジェネラル・アトランティックの傘下にあります。ザ エスティ ローダー カンパニーズは、トゥー フェイスド・ブランドを保有する事業組織を約14億5000万ドルで買収することで合意しました。買収は2016年12月に完了する予定です。

ザ エスティ ローダー カンパニーズのファブリツィオ・フリーダ社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「トゥー フェイスドは世界で最もダイナミックなメイクアップブランドの一つです。戦略的に重要で成長の速い販路である専門小売店とオンラインで桁外れの成長を維持しています。トゥー フェイスドが加わることで、米国内外の既存および新規市場、さらに世界中のトラベル・リテール市場での拡販を通じた付加価値の拡大機会が大きく広がります。ジョンソン、ブランディーノ、ホールをはじめトゥー フェイスドのチームは賞賛すべき革新的なブランドを確立しています。彼らと協力し、トゥー フェイスド・ブランドの成功を目指す気概を礎にさらに前進していくことを楽しみにしています。」

トゥー フェイスドの共同創業者であるジェレミー・ジョンソンとジェロッド・ブランディーノは、次のように述べています。「トゥー フェイスドのダイナミックな成長を加速させていく過程でザ エスティ ローダー カンパニーズと協働できることを大変うれしく思います。私たちはエスティ ローダー・ブランドのスタッフとしてこの業界でのキャリアをスタートしており、まさに故郷に帰ってきたという想いです。ザ エスティ ローダー カンパニーズは、女性が『自信を持って楽しみ、遊び、大きな夢を抱く』ことを可能にする革新的で動物虐待のないメイクアップ商品を提供するという私たちのユニークなビジョンを理解しており、私たちそして当ブランドのファンにとって非常に重要なブランドの核を維持し、それを土台に前進していくことを重視してくれています。こうした姿勢は、ELCの世界有数の途方もないリソースも加わり、トゥー フェイスドのこれまでの成長と成功を今後も長年にわたって継続していくうえで大きな力となります。」

トゥー フェイスドの多彩なカラーコスメティクスは、あらゆるカテゴリーのメイクアップ化粧品で熱狂的な支持を得ています。2013年に発売されたアイコニックな商品であるベター・ザン・セックス・マスカラは、専門小売市場の主要な提携先のすべてにおいて瞬く間に売上ナンバー1のマスカラとなり、世界で250万本以上が販売されています。2015年7月の発売で、誰もが待ち望んでいたすべてをカバーしてくれるファンデーションのボーン・ディス・ウェイも、取扱販路でベストセラーにランクしています。また、ユニークで美しいパッケージのアイシャドウパレットや、ベストセラーと新作を戦略的に組み合わせたアイシャドウコレクションも人気です。例えば、トゥー フェイスド・ブランドのクリスマスコレクションは大ヒットシリーズとなっており、毎年打ち出される斬新な企画により驚異的な成功を収めています。

ザ エスティ ローダー カンパニーズのウィリアム・P・ローダー執行会長は、次のように述べています。「ザ エスティ ローダー カンパニーズの核をなす起業家精神は、トゥー フェイスドの目覚ましい成功に明確に表れています。ブランディーノとジョンソンは、シンプルかつ説得力のあるクリエイティブなコンセプトの下でブランドを立ち上げ、たぐいまれなものへと発展させてきました。2人が美容業界でのキャリアをスタートさせた当社に『帰って』くることを心からうれしく思うと同時に、トゥー フェイスドのすべての仲間を私達の家族として歓迎します。」

ジェネラル・アトランティックのマネジング・ディレクター兼リテール&コンシューマー部門グローバルヘッドのアンドリュー・クロフォードは、次のように述べています。「トゥー フェイスドは桁外れの成長企業であり、見事な成功を収めている商品イノベーションと信頼に基づく顧客との関係で素晴らしい実績をあげています。私たちはジョンソン、ブランディーノ、ホールを筆頭にトゥー フェイスドのチームと強固な提携関係を築いてきました。ザ エスティ ローダー カンパニーズに加わることで、ますます明るい未来が拓かれるものと確信しています。」

トゥー フェイスドは、ザ エスティ ローダー カンパニーズのエグゼクティブ・グループ・プレジデントのジョン・デムジーが統括するブランドポートフォリオに加わります。

ザ エスティ ローダー カンパニーズは、エバーコアおよびBNPパリバから財務上の助言を受け、ローウェンスタイン・サンドラーから法律上の助言を受けました。トゥー フェイスドは、ゴールドマン・サックスおよびジェフリーズから財務上の助言を受け、ポール・ワイス・リフキンド・ワートン・アンド・ギャリソンから法律上の助言を受けました。

電話会議

ザ エスティ ローダー カンパニーズは、2016年11月15日午前8:00から午前8:30(東部標準時)まで、本取引について説明するための電話会議を開催します。電話会議に参加する場合は、米国内からは888-294-4716、米国外からは706-902-0101に電話してください。電話会議のID番号は20656069です。また電話会議は、ライブ・ウェブキャストによりhttp://www.elcompanies.com/investors/events-and-presentationsで視聴することができます。

本プレスリリースにおける将来見通しに関する記述は、引用された発言や取得したブランドに対する期待および買収の利点に関する記述を含め、リスクと不確実性を伴います。実際の結果はこれらの将来見通しに関する記述と大きく異なるものとなる可能性があり、その原因となる可能性のある要因には、世界市場における現在の経済情勢およびその他の状況、小売業者、供給業者および消費者の行動、競争、取得した事業の統合を成功させ、長期戦略計画を実行する当社の能力ならびに2016年6月30日締めの年度のフォーム10-Kによる当社の年次報告書に記載された要因が含まれます。

ザ エスティ ローダー カンパニーズについて

ザ エスティ ローダー カンパニーズは、高品質のスキンケア、メイクアップ、フレグランス、ヘアケア製品を製造・販売する世界的リーダー企業の1つです。当社の製品は150を超える国と地域で販売され、そのブランドには、エスティ ローダー、アラミス、クリニーク、プリスクリプティブ、ラボ シリーズ、オリジンズ、トミー ヒルフィガー、M・A・C、キトン、ラ・メール、ボビイ ブラウン、ダナ キャラン ニューヨーク、DKNY、アヴェダ、ジョー マローン ロンドン、バンブル アンド バンブル、マイケル コース、ダルファン、トム フォード、スマッシュボックス、エルメネジルド ゼニア、エアリン、トリー バーチ、ロダン オリオルッソ、ルラボ、エディション・ドゥ・パルファン・フレデリック・マル、グラムグロー、バイ・キリアン、ベッカがあります。

ELC-F
ELC-I
ELC-C
ELC-B

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月17日(木)21時58分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。