ビットムービンが開発者向けに初のエンドツーエンドのビデオインフラAPIをリリース

ビジネスワイヤ 12月06日(火)17時09分配信

(ビジネスワイヤ) -- ストリーミングビデオインフラ技術を提供するビットムービン(Bitmovin)は本日、新しいビデオインフラAPIをリリースしました。このAPIは、これまで成功してきたビットムービンのビデオエンコーディングビデオプレーヤーのサービスに、新しいビデオパフォーマンス分析製品と、多様なストレージ/コンテンツ配信ネットワーク(CDN)プロバイダーへの統合機能をバンドルしたものです。その結果、ライブビデオやVOD、360度ビデオ、仮想現実など、ウェブベースのビデオの開発や配信を大幅に簡素化できるエンドツーエンドのビデオインフラAPIが誕生しました。

「ビデオインフラ」という言葉は、オンライン環境での適応型ストリーミングビデオの配信に必要なすべてのコンポーネントを指します。このインフラチェーンの最初はビデオファイルです。ビデオファイルは適応型ストリーミングフォーマット(通常はMPEG-DASHとHLS、またはそのいずれか)にエンコードされたのち、何らかの形態のオンラインストレージ(AWS S3、FTP、アスペラなど)に転送されます。それから、ファイルはコンテンツ配信ネットワーク、つまりCDN(アカマイ、Level3、クラウドフロントなど)を介して送られ、瞬時にビデオがユーザーに配信され、ユーザーはHTML5プレーヤーなどの適応型プレーヤーでビデオを視聴できます。このパズルの最後のピースは、ユーザー行動を追跡する分析システムです。このインフラに加え、しばしば別の技術レイヤーが要求されます。例えば、暗号化(デジタル著作権管理)、広告の組み込み、VRまたは360度ビデオのコントロール機能、字幕やクローズドキャプションなどが数多くあります。

ビデオ利用の広がりが急激であったため、ほとんどのビデオインフラは多様なプロバイダーのシステムをつなぎ合わせることで構築されています。その結果、開発サイクルは長く高コストとなり、システムは複雑で拡張性に欠け、ネットフリックスやユーチューブ、ツウィッチに見られる画質に及ばないオンラインビデオサービスとなっています。

お客さまからの意見を直接反映した新しいBitmovin APIは、これらの課題を解決しています。つまり適応型ストリーミングビデオのエンコーディング/再生ワークフローにかかわる全コンポーネント(エンコード、再生、分析、ストレージ、コンテンツ配信)を1つの管理インターフェースの中に統合しており、汎用ソリューションにユーザーをロックインさせることがありません。コンテンツプロバイダー、放送局、インテグレーター、開発者は、新しいBitmovin APIの一部や全体を自社の既存ビデオインフラに組み込むことができます。

ビットムービンのステファン・レデラー最高経営責任者(CEO)は、次のように語っています。「当社はお客さまからの意見に耳を傾けてきました。そして今、適応型ストリーミングのワークフローにかかわる全側面を使いやすい単一APIレイヤーの中に統合した初の包括的ビデオインフラを提供できるようになりました。トゥイリオが通信のAPIであり、ストライプが決済のAPIであるのと同様に、ビットムービンはビデオのためのAPIであり、ネットフリックスやツウィッチのようなビデオ体験をウェブ上に実現します。ぜひとも、このAPIを早くお客さまに体験してほしいと思っています。」

既にウーヤラ、RTL、テクニカラーなどの大手オンラインビデオプロバイダーは、このAPIを実際の制作現場で使用しています。

詳細については、www.bitmovin.comをご覧ください。

ビットムービンについて

ビットムービン(Bitmovin)は、MPEG-DASHビデオストリーミング規格の共同発明者により2013年に設立されました。この規格はネットフリックスやユーチューブなどの業界リーダーに使用されており、現在は米国のピークインターネットトラフィックの50%を占めています。当社はビデオコンテンツが主体となるクロスプラットフォームの将来のための基礎を築いています。ビットムービンは米カリフォルニア州パロアルトとオーストリアのクラーゲンフルトに拠点を構える株式非公開企業です。当社への投資企業には、アトミコ、Yコンビネーター(YC S15)、ドーン<2303>・キャピタル、スピードインベスト、コンスタンシア・ニュービジネスが含まれ、またエンジェル投資家として、ネットフリックスの前技術担当VP、シスコの前最高技術責任者(CTO)、ユニティーの設立者など多数が含まれています。www.bitmovin.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月06日(火)17時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】