AGCOがアグリティックスおよびファーモバイルとの開発提携を発表

ビジネスワイヤ 2016年12月08日(木)16時36分配信

(ビジネスワイヤ) -- 農業機器ソリューションを製造・販売する世界一流企業のAGCOコーポレーション(NYSE:AGCO)は、農業技術企業のアグリティックスおよびファーモバイルと開発で提携し、AGCOのお客さまに農業最適化サービスを提供していくことを発表します。この提携により、農業者は圃場や農場全体における農業機械について、実用的で詳細な知見を得ることができ、廃棄物の削減、収穫量の増加、収益性の向上を実現することができます。この新サービスは北米・南米の一部販売業者を通じて来年から開始し、AGCOのFuse® Connected Servicesで既に提供可能な農業機械/運用サービスを補完することになります。

この新サービスで提供される分析機能と情報機能を活用することにより、農業者やその信頼するアドバイザーは業務判断を視覚化・検証・簡素化・改善することができます。また今回の提携により、AGCOと非AGCOの両ブランドで混成された農業機械をより密に接続でき、データ管理の合理化や農場の収益機会も高めることができます。

農業で活用される情報を提供する企業のアグリティックスはソフトウエアを中軸とする企業であり、実証済みで特許を取得した分析手法とアルゴリズムにより、農業者が常に業務全体の生産性向上に多大な努力を傾けている中で直面する課題や機会に関し、それらを見極めることができます。それらの要因、そして可能な場合にはその根本原因を特定し、それらによる収穫・収益への影響を定量化することにより、農業者やそのアドバイザーはより詳細な情報を得ることができ、情報に基づく判断を改善できます。アグリティックスと同社のSolverPod®分析プラットフォームの詳細については、http://aglytix.comをご覧ください。

ファーモバイルは農業データを手掛ける企業であり、農業機械と圃場のデータ活用で農業者を支援し、また農業者が貴重な業務データを精査した第三者向けに収集・保存・共有・販売できるよう支援しています。ファーモバイルのソリューションにより、農業者は異種構成の農業機械を接続し、ほぼリアルタイムでデータを視覚化し、データ管理を合理化して、新たな収入源への道を開くことで、単に作物を収穫するのみならず、データも収穫することができます。ファーモバイルの詳細については、http://farmobile.comをご覧ください。

AGCOのグローバルクロップサイクル/先進技術リューション/ディーラー技術サポート担当シニアバイスプレジデントを務めるEric Hansotiaは、次のように語っています。「当社は今回の提携に非常に高い期待を抱いています。アグリティックスとファーモバイルがもたらす独自の専門的能力を生かすことにより、AGCOはまったく新しいレベルの生産性支援と知見を農業者に提供できるようになります。既に多くの機械は効率的なデータ収集で大きな働きをしています。2社のようなソリューションにより、当社のお客さまは真の意味でそうしたデータの力を生かす、つまりデータを容易に分析して活用できる能力が高まります。これら2社の協力のおかげで、AGCOのFuseが約束する異種構成の機械の接続、効率の改善、農場収益性の向上の実現が一層確かなものとなります。」

ファーモバイルの設立者で最高経営責任者(CEO)のJason Tatge氏は、次のように語っています。「ファーモバイルは『農業者の力』を信念として掲げています。その意味は、農業者に力を与え、自分の成功を差配できるようなツールを提供するということです。そうした成功のために、データが以前にも増して必須の役割を果たすようになっています。お客さまがデータの価値を生かしつつ、データの最終的所有権と管理権を確実に維持できるよう、当社は支援することができます。今回のAGCOとの提携により、当社はそうしたサービスを以前よりもかなり広範に提供でき、しかも農業者データの機密性に関する当社の立場を危うくすることがありません。」

アグリティックスの設立者で最高経営責任者(CEO)のジェリー・ジョンソン氏は、次のように語っています。「当社は提供するすべての分析サービスに関し、事実に基づく科学的な手法を取っています。農業には豊富なデータがありますが、効率的に使われているデータはほとんどありません。特許を取得した当社のSolverPod分析プラットフォームはリーン手法を取っており、これらのデータを活用し、収穫量を制約する要素やコスト過剰の要因を特定することにより、農業者に新しい世界観を開いてもらうことができるようにします。このプラットフォームはターンキー方式でAGCOのお客さまに提供され、農業者とその信頼するクロップアドバイザーが最善の情報に基づく判断を下せるよう、より深い知見と判断支援を提供します。」

アグリティックスおよびファーモバイルとAGCOとの提携は、AGCOのFuseによる精密農業/サービスへのアプローチ、先駆的なオープンアプローチ、透明性のある提携モデルの成果の表れです。切れ目なく連続させた収穫サイクル全体にわたり、Fuseは最適化された稼働時間、農業者データの機密性、連携のとれた物流を約束します。AGCO、アグリティックス、ファーモバイルは農業者データの所有権と機密性に関して同じ立場を取っており、今回の提携で実現されるサービスは完全に足並みを整えながらシームレスな顧客体験を提供することになります。

アグリティックスとファーモバイルのサービスは、北米・南米の一部のAGCO販売店を通じ、2017年から提供が開始されます。その後の本格展開は、このサービスに関する評価と改善を行った後、2018年に予定されています。

AGCOのFuse提携モデルと精密農業のオープンアプローチの詳細については、http://www.AGCOcorp.com/Fuseをご覧ください。

AGCOについて

AGCOコーポレーション(NYSE:AGCO)は、農業ソリューションの設計・製造・販売における世界的リーダー企業として、フルラインの機械と関連 サービスを通じて農業の生産性の向上を支えています。Challenger®、Fendt®、GSI®、Massey Ferguson®、Valtra®の5つの中核的ブランドによって販売されるAGCOの製品は、Fuse®精密技術・農場最適化サービスに支えられ、 140カ国以上で約3000の独立取扱店と販売店を通じて世界的に流通しています。1990年に設立され、米国ジョージア州ダルースに本社を構える AGCOは、2015年に75億ドルの売上高を記録しました。詳しい情報については、http://www.AGCOcorp.comをご覧ください。会社のニュース、情報、イベントについては、ツイッターで@AGCOCorpをフォローしてください。ツイッターでの財務ニュースについては、ハッシュタグ#AGCOIRの投稿をフォローしてください。

businesswire.comのソースバージョン:http://www.businesswire.com/news/home/20161206005971/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月08日(木)16時36分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。