ラティスセミコンダクターの新しいiCE40 UltraPlus™ デバイスが、スマートフォン及びIoTエッジデバイスの技術革新を加速

ビジネスワイヤ 12月12日(月)22時00分配信

(ビジネスワイヤ) --カスタマイズ可能なスマート接続ソリューションのリーディングプロバイダであるラティスセミコンダクター(NASDAQ: LSCC)は本日、業界で最もエネルギー効率が高くプログラム可能なMHC(Mobile Heterogeneous Computing)ソリューションの1つである、同社の新しいiCE40 UltraPlus™ FPGAデバイスを発表しました。iCE40 Ultraファミリに新たに追加されたこのデバイスは、以前の世代と比べてメモリ容量は8倍(1.1 Mbit RAM)、DSP(Digital Signal Processor)数は2倍(8個)に増え、I/Oも改良されています。複数のパッケージサイズが用意され、プログラム可能なiCE40 UltraPlusデバイスは、スマートフォン、ウェアラブル機器、ドローン、360度カメラ、HMI(Human-Machine Interfaces)、産業オートメーションや、セキュリティ及び監視用製品に最適です。

電子機器との新しい対話を可能にするiCE40 UltraPlusデバイスは、音声認識、ジェスチャー認識、画像認識、触覚デバイス、グラフィックスアクセラレーション、信号集約、I3Cブリッジなど様々な用途に適合します。その結果、スマートフォン、及びウェアラブル機器や家庭用音声補助デバイスなどのIoTエッジ製品のインテリジェンスが向上し、常時オンで、常時待ち受けを行い、クラウドに頼ることなくコマンドをローカルで瞬時に処理できるようになります。

MHCのパラダイムは、異種プロセッサを使用してアルゴリズムを迅速にローカルで処理することで、バッテリー駆動デバイスで消費電力の大きいAP(Application Processor)の負荷を軽減する、エネルギー効率の非常に高い方法を中心としています。多数のDSPによって高品質なアルゴリズムを処理することができ、メモリの増加によって低電力状態でデータを長時間バッファリングできます。柔軟なI/Oは、分散度の高い異種プロセッシング・アーキテクチャを可能にします。これらが組み合わされた結果、常時オンのセンサバッファや音響ビームフォーミングなどといった重要な革新技術を、OEM各社やメーカーが柔軟に短期間で市場投入できるようになります。

モバイル機器に触れることなく操作することを想像してみてください。iCE40 UltraPlusデバイスは、この機能を提供するために求められる応答性を可能にします。このようなアプリケーションとしては、例えば次のものがあります。

  • 消費電力が1 mW未満のモバイルデバイス用の、常時オンのセンサバッファと分散プロセッシング
    • APがスリープモードの間も常時オンのセンサ機能
    • ジェスチャー検出、顔認識、音声拡張、音声ビームフォーミング、フレーズ検出、ダブルタップ、Shake-to-Wake、PDR(Pedestrian Dead Reckoning)などの機能を実現
  • ウェアラブル機器及び白物家電用のフレームバッファとグラフィックスアクセラレーション
    • APがスリープモードの間も常時オンのディスプレイ
    • MCUからディスプレイへのインターフェイスブリッジ
    • マルチレイヤ・グラフィックスアクセラレーションによるシステム消費電力の改善
  • バッテリ駆動モバイル機器用のマイクアレイ・ビームフォーミング
    • 複数のマイクによる背景ノイズ抑制と音声イコライジングを使用した高品質な音声
  • GPIO、SPI、UART、I2C、I3Cなどといった各種信号を1本のPCBトレースに集約することで、配線の衝突を解消し、システムコストを削減して、設計を簡素化

ラティスセミコンダクターのマーケティング、モバイル、及びコンスーマ事業部の上級重役、C.H. Cheeは次のように述べています。「モバイルアプリケーションにおいて分散プロセッシングの需要は高まり続けていますが、ラティスのiCE40 UltraPlusはその要件に適合するよう最適化されています。実績あるiCE40 Ultra™ ファミリに追加されたiCE40 UltraPlus FPGAは、優れたDSP演算能力、多数のI/O、及びバッファリング用の大容量メモリを持つFPGA機能を必要とするシステム設計者も市場として捉えています。当社のソリューションは、設計の複雑さを緩和し、システムの消費電力を削減し、市場投入期間を短縮すると同時に、将来のモバイル機器の応答性を改善します。」

iCE40 UltraPlus製品の主な特長は以下のとおりです。

  • 1.1 MビットのSRAM、8個のDSPブロック、及びインスタントオン用のNVCM(Non-Volatile Configuration Memory)が組み込まれ、最大5K LUT
  • MIPI-I3Cが低解像度、常時オンのカメラアプリケーションに対応
  • 100マイクロワット未満のスタンバイ消費電力
  • 最小パッケージサイズがわずか2.15×2.55mmのコンパクト・フォームファクタが、スペースに制約のあるコンスーマ市場に対応
  • 産業用市場のニーズに適合するQFNパッケージ
  • 厳密な低レイテンシ・アクセラレーション機能に最適

iCE40 UltraPlusの製品評価用サンプル及びボードは既に発売済みです。詳細については、http://www.latticesemi.com/iCE40UltraFamilyをご覧ください。

ラティスセミコンダクターについて

ラティスセミコンダクター(NASDAQ: LSCC)は、当社の低消費電力FPGA、ビデオASSP、60GHzミリメートル波、及びIP製品を利用したスマート接続ソリューションを、世界中のコンスーマ、通信、産業、コンピューティング、及び自動車の各市場に提供しています。当社のお客様に対する当社のゆるぎないコミットメントにより、お客様は技術革新を促進し、これまでになく優れたコネクテッド・ワールドを作ることができます。

ラティスの詳細については、http://www.latticesemi.com/をご覧ください。LinkedIn、TwitterFacebookYouTube、またはRSSでも情報を提供しています。

Lattice Semiconductor Corporation、Lattice Semiconductor(及びデザイン)、iCE40 Ultra、iCE40 UltraPlus、及び各製品名は、米国及びその他の国におけるLattice Semiconductor Corporationまたはその関連会社の登録商標または商標です。

一般的注意事項:本リリース内で使用されているその他の製品名は提示のみを目的としており、各社の商標となっているものがあります。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月12日(月)22時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】