アルボジェンが米国でタミフルカプセルと等価の初の後発医薬品をリリース

ビジネスワイヤ 12月13日(火)20時15分配信

(ビジネスワイヤ) -- 本日、アルボジェンは米国でタミフル(オセルタミビルリン酸塩)カプセルと等価の初の後発医薬品をリリースしました。アルボジェンでは、これから来るシーズンの間、患者と医療提供者にとって最大5億ドルの大幅節約を実現しながら、タミフルカプセルと等価の後発医薬品を提供できると見込んでいます。本製品は3種の含量(30 mg、45 mg、75 mg)で提供可能です。

このスマートニュースリリースにはマルチメディアが含まれています。リリース全文は下記でご覧ください。

http://www.businesswire.com/news/home/20161212005289/en/

アルボジェンの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるロバート・ウェスマンは、次のように述べています。「オセルタミビルリン酸塩のリリースは米国の患者にとって素晴らしい知らせであり、これらの人々はより求めやすい料金でタミフルの代替品をついに利用できるようになるのです。これは当社の米国事業にとっても節目となる重要な成果です。今回のリリースは迅速な動きができる当社の能力を実証しており、私たちはナトコ<4627>と提携して本製品を上市できたことを誇りに思います。」

アルボジェンは現在、米国市場向けに開発してFDAの承認を待っている製品79種を抱えています。IMSヘルス(2015年)によれば、申請製品と開発中の製品のブランド年間売上高は、現在のブランド売上高にして250億ドルを超えます。

CVCキャピタル・パートナーズが主導し、シンガポールを拠点とする投資会社テマセクとVatera Healthcare Partnersが参加する投資家コンソーシアムが、2015年6月にアルボジェンの過半数の株式を取得しました。現在、アルボジェンは世界で最も成長著しい製薬企業の一角を占めており、35カ国で営業し、狙いをよく定めたポートフォリオとして製造が困難な後発医薬品とブランド医薬品を擁しています。

* Tamiflu はHoffman La-Roche Inc. Corporation.の登録商標です。アルボジェンはHoffman La-Roche Inc.の関連会社ではありません。

アルボジェンについて

アルボジェンは株式非公開の世界的な製薬企業として、世界中の患者のために後発医薬品、ブランド医薬品、市販(OTC)ブランド薬、バイオシミラー製品の開発・製造・販売に傾注しています。当社は35カ国で営業し、2300人の従業員を抱え、米国、ルーマニア、韓国、台湾で4カ所の製造開発ハブ<3030>を運営しています。北米はアルボジェンにとっての単一市場として最大で、その他の重要市場には韓国、ロシア、台湾、ルーマニア、ハンガリー、ウクライナ、日本、中国があります。

アルボジェンの詳細情報についてはwww.alvogen.comをご覧ください。

businesswire.comのソースバージョン:http://www.businesswire.com/news/home/20161212005289/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月13日(火)20時15分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】