ヤフーの2016年版「イヤー・イン・レビュー」:最も検索された著名人、最も読まれたニュース、流行のファッション・トレンドなど

ビジネスワイヤ 2016年12月13日(火)21時52分配信


(ビジネスワイヤ) -- ヤフー<4689>(YHOO)は本日、2016年版「イヤー・イン・レビュー」報告書を発表しました。15回目となった「イヤー・イン・レビュー」では、今年を通じて世界中の数百万人のユーザーの好奇心をそそった事柄について詳細に分析しています。

この1年に、どのような出来事があったでしょうか。2016年は、リオ・オリンピック、著名人間の確執や予想外の別れ、ファッションショーを席巻したストリートスタイル、「Damn Daniel!」と彼が履いている白のスニーカーなどが話題を集め、終わりがないかのように思えた選挙戦で締めくくられました。ヤフー<4689>、ポリボア(Polyvore)、フリッカー(Flickr)、タンブラー(Tumblr)の総合的な分析に基づき、世界の心を捉えたものを、以下にまとめます。

ニュースを独占したのは選挙戦の模様と世界各地で生じた残虐行為

2016年の米国大統領選挙と次期大統領に選出されたドナルド・トランプ氏が今年の最も検索された項目となったことに驚きはありません。また、女性も検索上位を占め、グウェン・ステファニー、ジョディ・スウィーティン、メギン・ケリー、民主党大統領候補のヒラリー・クリントンなど、トップ10件のうち6件が女性でした。キム・カーダシアン・ウェストは「ブレイク・ザ・インターネット」賞を取ってからは目立たなくなり、クロエ・カーダシアンが初めて姉のキムを抑えてヤフー<4689>で最も人気のカーダシアン一族となりました。発売から10年近く経っても人気が衰えることのないロールプレイングゲームのロブロックスも、今年の検索上位に入りました。

今年最も多く見出しを飾り、Yahooの読者に最も読まれたニュースは、2016年の政治情勢のほか、世界各地で発生した悲惨な事件や自然災害を反映したものとなりました。

ヤフー<4689>の検索数トップ   ヤフーニュースのトップニュース
1. 2016年選挙 1. 投票日
2. ドナルド・トランプ 2. プリンスの死
3. ロブロックス 3. ナイトクラブ「パルス」の銃乱射事件
4. グウェン・ステファニー 4. イスタンブール自爆テロ事件
5. 2016年オリンピック 5. ハリケーン「マシュー」
6. クロエ・カーダシアン 6. バトンルージュ警察官の黒人射殺事件
7. メギン・ケリー 7. エジプト航空804便の機体破片発見
8. ジョディ・スウィーティン 8. トランプに対する抗議活動
9. キム・カーダシアン・ウェスト 9. クリントンのEメール
10. ヒラリー・クリントン 10. 大統領選討論会
 

現実の世界からの気晴らしはアスレジャー、著名人の揉め事、スーパーヒーロー

ファッショニスタの世界的なコミュニティーであるポリボアではアスレジャー・ファッションが最も人気を集め、「アディダス スーパースター」、「ナイキ エアマックス シア」、ボンバージャケットといった定番アイテムが今年もトップ10入りしました。また、フォーマルウエアはレッドカーペットの世界のものだけではありません。チュールスカート、ケープドレス、ギャツビードレスがランク入りしました。ポリボアで2016年に最も人気を集めたファッションやビューティーシーンならびにマストアイテムの着こなし方については、http://blog.polyvore.com/をご覧ください。

ブランジェリーナはもう古い。今年、最も注目を集めた別れは、音楽界で起きました。ブレイク・シェルトンの元妻のミランダ・ランバートと現在の交際相手のグウェン・ステファニーがヤフー<4689>の検索トップ著名人にランク入りしました。彼らに引けをとることなく、テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリー、元恋人同士のジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスもトップ10に名を連ねており、2016年を通じて著名人の揉め事が枚挙にいとまがなかったことを示しています。

ポリボアのおしゃれマストアイテム   ヤフー<4689>のトップ著名人
1. アディダス スーパースター 1. グウェン・ステファニー
2. ナイキ エアマックス シア 2. クロエ・カーダシアン
3. チュールスカート 3. ジョディ・スウィーティン
4. ボンバージャケット 4. キム・カーダシアン・ウェスト
5. ケープドレス 5. ジャスティン・ビーバー
6. オフショルダートップス 6. テイラー・スウィフト
7. クリアヒール 7. ケイティ・ペリー
8. ギャツビードレス 8. ミランダ・ランバート
9. ハイネック水着 9. セレーナ・ゴメス
10. フェイクファーコート 10. ジジ・ハディッド
 

2016年には、音楽界の革命家である2人のミュージシャン、デビッド・ボウイとプリンスがこの世を去り、ヤフー<4689>音楽アーティストのリストでそれぞれ1位と3位にランクされました。3年ぶりにアルバムを発表したブリトニー・スピアーズとレディー・ガガもランク入りしました。音楽といえば「クイーンビー」を忘れてはいけません。ビヨンセがヤフー<4689>の今年のトップ・ニュージシャン第10位となりました。

映画ファンがスーパーヒーローを求めていたことは人気映画リストに明らかで、X-MEN、バットマン、スーパーマン、キャプテン・アメリカが銀幕を飾り、トップ・ムービーのリストに名を連ねました。他の大ヒット作は、ゴーストバスターズ、スーサイド・スクワッドなどのSF映画でした。

ヤフーミュージックのトップ・アーティスト   ヤフームービーのトップ・ムービー
1. デヴィッド・ボウイ 1. X-MENアポカリプス
2. テイラー・スウィフト 2. バットマンvsスーパーマン
3. プリンス 3. ゴーストバスターズ
4. カニエ・ウェスト 4. ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
5. ティム・マックグロウ 5. スーサイド・スクワッド
6. レディー・ガガ 6. キャプテン・アメリカ・シビルウォー
7. ブリトニー・スピアーズ 7. アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅
8. ランディ・トラヴィス 8. ジェイソン・ボーン
9. トレント・ハーモン 9. デッドプール
10. ビヨンセ 10. マグニフィセント・セブン
 

スポーツ関連ではオリンピックが圧倒

今年は著名スポーツ選手にとって忙しい1年でした。オリンピックがスポーツ部門の上位を占め、体操選手ショーン・ジョンソンの誤解を受けた古い写真、ホープ<6195>・ソロに対する観衆によるブーイング、米国の男子バスケットボールチームがブラジルの売春宿に行った事件などがスポーツ部門のトップを飾りました。ボクシング界のレジェンド、モハメド・アリの死去、MLBの若手スター選手ホセ・フェルナンデスの悲劇的な死もトップ10に入りました。

ヤフースポーツのトップ・スポーツニュース
1. ショーン・ジョンソンが象徴的なオリンピック写真について説明
2. 柔道メダリストのディルク・バンティヘルトが勝利を祝っている最中に強盗に襲われた事件
3. ホセ・フェルナンデスのボート転落事故死
4. オリンピックの観衆がホーム・ソロにブーイング
5. パドレスの内野手ヤンガービス・ソラーテ選手夫人の死
6. 警察官の黒人射殺事件についてマイケル・ジョーダンが声明発表
7. バスケットボール米国代表チームがリオの売春宿に行く
8. モハメド・アリが74歳で死去
9. ケビン・デュラントがウォーリアーズに移籍
10. ロンダ・ラウジーまさかの敗退
 

最も関心を集めたブランドは? 技術革新が席巻

今年のヤフーファイナンスで最も注目を集めた出来事は、世界中で多くの期待が寄せられていたiPhone 7および7 Plusの発表です。絶えず進化するテクノロジー業界では、1年を通じて変革、論争、革新が続き、フェイスブック、ツイッター、アマゾン、テスラ、アリババが今年の最も注目を集めた企業にランク入りしました。

ヤフーファイナンスによるトップ企業
1. アップル
2. フェイスブック
3. ツイッター
4. バンク・オブ・アメリカ
5. アマゾン
6. テスラ
7. アリババ
8. バリアント・ファーマシューティカルズ
9. フォード
10. ウェルズ・ファーゴ
 

世界を捉えたトップ・フォトグラファー

フリッカーの2016年トップ25フォトは、今年投稿された数十億枚もの写真の中から、エンゲージメントとコミュニティーという要素を考慮して慎重に選出されました。ポルトガルのアヴェイロラグーンで撮られた第1位の写真のように人里離れた自然界を描写したものから、フランスのリュクサンブール宮殿で撮られた第9位の写真のように多くの人々が行き来する都会の真ん中の情景まで、今年のトップ・フォトではフォトグラファーの審美眼が称賛されました。

ミーム…シップ…ファンダム…って何?タンブラーによる2016年のトップ・コミュニティー

タンブラーのコミュニティーにおける2016年の主要テーマはアイデンティティであったことを考えれば、ユーザーに最も共感するミームを選ぶよう促すキュートなポップカルチャーの様々な関連付けである「タグ付け」が2016年のトップミームとなったことも納得できます。最も議論されたソーシャル問題は、フェミニズムでした。2016年のタンブラーで最も人気の高かったファンダムやトレンドについては、tumblr.com/2016をご覧ください。

ヤフー<4689>の「イヤー・イン・レビュー」はいかがでしたか?  ハッシュタグ#Yahoo2016inReviewを使ってあなたの感想をソーシャルメディアで伝えてください。

ヤフー<4689>・イヤー・イン・レビュー」の調査方法

ヤフー<4689>・イヤー・イン・レビュー」の作成にあたり、編集者はヤフー<4689>の検索項目とヤフー<4689>のメディア記事の閲覧状況を絶対件数、前年と比べた検索数の増加など、多数の要素に基づいて分析しました。その目的は、世相の表面に流れるテーマやトレンドを把握することにあります。ユーザー個人、その検索項目、記事の閲覧状況は常に匿名です。トップ検索項目とは、最も検索数が多かった項目を指します。トップ見出しとは、閲覧件数が最も多かった記事やストーリーを指します。

ヤフー<4689>について

ヤフー<4689>は、検索、コミュニケーション、デジタルコンテンツに関する商品・サービスを通じてユーザーに情報を提供し、ユーザー同士をつなぎ、楽しませることに傾注するデジタル情報のガイド役です。高度にパーソナライズした体験を創り出すことで、ユーザーがモバイル、デスクトップなどのデバイスを使って最も関心のある世界の情報を発見することを手助けします。また、ヤフー<4689>のデータ、コンテンツ、技術力を結集した効率的な広告技術スタックを通じて、広告主をターゲットとなるオーディエンスとつなぎます。ヤフー<4689>は米カリフォルニア州サニーベールに本社を置き、米大陸、アジア太平洋、欧州、中東・アフリカ(EMEA)地域に広くオフィスを構えています。詳細情報については、プレスルーム(pressroom.yahoo.net)またはブログ(yahoo.tumblr.com)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月13日(火)21時52分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。