国際的大イベントの2017年CESに150カ国を代表する5万人の業界専門家が米国外から参集

ビジネスワイヤ 12月15日(木)20時55分配信

(ビジネスワイヤ)-- 世界の技術コミュニティーが結集する2017年CESに、約150カ国から5万人の業界専門家が集まります。本展示会には57カ国の出展企業が参加し、2016年から9パーセント増加する見通しです。さらに、2017年CESに参加する新興企業にとって大きな目当てとなるユーレカ・パークが再び開催され、来年で6回目を迎えることになります。ユーレカ・パークには33カ国から600社を超える新興企業が参加しますが、2017年CESでは新たにチェコ共和国、オランダ、ニュージーランド、ウクライナの4カ国からも新興企業が出展します。コンシューマー技術協会(CTA)が所有・運営する2017年CESは、1月5〜8 日にネバダ州ラスベガスで開催されます。

CTAのゲーリー・シャピロ社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「CESに世界が集まるというのは本当です。地球上のあらゆる大手技術企業が、何らかの方法、形、態様で展示会に参加します。大企業から小企業までのグローバルリーダー、そして政府や報道関係者などがCESに参集して、最新の製品やサービスを披露・体験します。また新しいビジネスパートナーと出会ったり、取引をしたり、世界をより良い場所へと変革している次の技術の波について学んだりすることができます。」

海外からの来場者の多くは、国際バイヤープログラム(IBP)が率いる代表団の一員としてCESを訪れます。CESは、米商務省国際貿易局が後援するIBPに参加しています。2017年CESには、世界各地から公式 CES代表団100団体以上が参加する見通しです。

2017年CESはグローバルリーチを拡大するために、展示会の国際的な側面にスポットを当てて特別に用意した幾つかのエリアがあります。2017年CESのグローバル・テクノロジー・マーケットプレイスには、約900社の国際企業が出展します。展示フロアをウェストゲートとサンズ(1階、ホールG)の両方に設け、世界中の革新的な技術や製品に光を当てます。海外からの来場者は、CESでの体験を最大限に活用できるように、国際的な仲介パーティー、国際ビジネスセンター(IBC)、会場での通訳など、多様なサービスとリソースを利用できます。

英国ロンドンに拠点を構えるKino-moの設立者でディレクターのArt Stavenka氏は、次のように述べています。「2017年CESに参加するのを楽しみにしています。私たちは当社の新技術を発表し、メディアへ露出させるための最善の方法を探してきました。この技術は画像が宙に浮いているように見せるもので、大衆市場向けの新しいホログラムです。CESは毎年、多くの業界関係者と出会う場となっていますが、そのような人々に当社のこうした製品を披露する上で、最適な舞台を提供してくれます。」

フランスのリヨンに拠点を置くHEASE Robotics の最高技術責任者(CTO)で共同設立者のJade Le Maître氏は、次のように語っています。「私たちがHEASE Robotics を立ち上げたのは、ロボット工学が私たちの生活を変えると信じているからです。当社は、楽しく、シンプルで、インタラクティブな特性を意識したロボットを開発しました。CESで潜在顧客と出会い、意見を得たいと思います。新興企業がユーレカ・パークに出展して認知度を高めることができるのは、非常に素晴らしいことです。」

海外参加者向けのおもてなしサービスとリソースの一覧は、CES.techをご覧ください。海外からの出展企業に関する詳しい情報については、2017年CESの出展企業ディレクトリー(Exhibitor Directory)をご覧ください。

編集者への注記:この世界的技術イベントの正式名称は「CES®」です。このイベントについて言及する際には、「Consumer Electronics Show(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」または「International CES(インターナショナルCES)」という表記を使用しないでください。

CESについて:

CESは、消費者向け技術のビジネスで力強い成長を見せている企業のための集まりです。50年にわたって、次世代の革新が市場に紹介される国際舞台となり、イノベーターや画期的な技術がその力量を試すことができる場としての役割を果たしてきました。CESはこの種のものとして最大の実践的なイベントで、業界のあらゆる側面を取り上げています。コンシューマー技術協会(CTA)が所有・運営するこのイベントには、世界中のビジネスリーダーや先駆的企業が参加しています。CESのビデオハイライトをご覧ください。CESをオンラインのCES.techおよびソーシャルメディアでフォローしてください。

コンシューマー技術協会について:

コンシューマー技術協会(CTA)は、米国の2870億ドル規模の消費者向け技術業界を代表する業界団体です。2200社を超す企業(80パーセントが小規模企業と新興企業で、その他の企業は世界で最も有名な企業に数えられています)が政策提言、市場調査、技術教育、産業振興、規格開発、ビジネス関係・戦略的関係の構築など、CTA会員の利点を享受しています。CTAはまた、消費者向け技術のビジネスで力強い成長を見せている企業が集う場となるCES®を所有・運営しています。CESから得た利益は、CTAの業界サービスに再投資されています。

今後のイベント

  • レディットAMA- CTAのゲーリー・シャピロと共に
    12月 14日午後2時(米国東部時間)
  • CESアンベールド・ラスベガス
    1月 3日、ネバダ州ラスベガス
  • 2017年CES– 登録
    1月5〜8日、ネバダ州ラスベガス
  • ウィンター・ブレイク
    3月 9〜12日、コロラド州スノーマス
  • デジタル・ペイトリオッツ・ディナー
    4月 4日、ナショナル・ポートレート・ギャラリー
  • CESオン・ザ・ヒル
    4月 5日、レイバーン・カフェテリア
  • 2017年CESアジア
    6月7〜9日、中国・上海
  • CEOサミット
    6月 21〜24日、イタリア・アマルフィ海岸

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月15日(木)20時55分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】