チェース、2016年の加盟店の処理額が1兆ドルを上回る

ビジネスワイヤ 2016年12月15日(木)21時00分配信

(ビジネスワイヤ)-- 昨夜午後11時6分(米東部時間)に、JPモルガン・チェースの加盟店の年初から当日までの処理額が1兆ドルの大台を突破しました。これは当社の歴史上初めてのことです。

当社の加盟店の処理額は毎年増加し、2013年の7500億ドルから2015年には9500億ドルに迫るまでになりました。2016年のブラックフライデーの総取引金額は昨年比12パーセント増となり、サイバーマンデーは昨年比30パーセント増となりました。

コマース・ソリューションズのマット・ケイン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社のお客さまは、当社が決済処理に強力に集中しつつ、お客さまのより広範なビジネスニーズをサポートできる世界的な金融機関でもあるという事実から恩恵を受けています。私たちは、地元のピザ店から世界的企業までのあらゆる規模の企業と協力できて幸運です。お客さまの成功が、当社の成功に直接反映されます。」

JPモルガン・チェースは、2016年4月のニルソン・レポートで世界の加盟店獲得企業の第1位に選ばれ、120以上の通貨による取引を承認する能力があります。2014年に、当社は独自のクローズドループ・ネットワークChaseNetSMのサービスを開始し、先月にはデジタルウォレットChase PaySMのサービスを開始しました。

チェースについて

チェースは、2兆5000億ドルの資産を持ち、世界中で事業を展開する世界的大手金融サービス企業であるJPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(NYSE:JPM)の米国の消費者・企業向け銀行事業です。チェースは、個人向け銀行業務、クレジットカード、住宅ローン、自動車ローン、投資の助言、中小企業向けローン、決済処理などの幅広い金融サービスを米国の約半数の世帯に提供しています。お客さまは、支店5300カ所、1万6000台のATM、モバイル、オンライン、電話から、都合の良い方法・場所を選択して取引できます。詳細については、Chase.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月15日(木)21時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】