ディジセル・パシフィックとO3bネットワークスがミクロネシアの離島国ナウルに4G/LTE接続を提供

ビジネスワイヤ 2016年12月16日(金)20時51分配信

(ビジネスワイヤ)-- O3bネットワークスは本日、電気通信企業のディジセル・パシフィックが、衛星容量を増やし、ミクロネシアの離島国ナウルに最先端のモバイル接続機能を提供するための契約を締結したと発表しました。

ナウル共和国は南太平洋で最も小さな国家で、約21平方キロメートルにおよそ1万人が住んでいます。最も近隣の居住地域が300キロメートル近くの東の場所にあるため、ナウルは従来のファイバー接続が届く範囲をはるかに越えており、かなりの遠隔地に位置しています。ディジセル・パシフィックはO3bの衛星対応ネットワークを介して、ナウルに2015年1月より接続サービスを提供しています。それ以来、3回にわたる一連のアップグレードによって、帯域幅を108.6%増強しています。

このようにO3bの接続サービスを強化したことで、ディジセル・パシフィックは4G/LTEモバイルサービスを導入しました。その結果、モバイルサービスの向上を通じて、島国であるナウルによる経済的・社会的発展の促進を支えています。O3bの中軌道(MEO)衛星コンステレーションが提供する高スループット・低遅延の接続機能は、デジタル化がますます進む国際コミュニティーに参加する上で必要な体験として、高速で信頼性に優れたモバイルデータ体験をナウルの住民に提供していきます。

ディジセル・パシフィックが同地域全体で容量を増加したことで、データ利用、ビジネスの成長、 eラーニング、eヘルスケアの機会が大幅に増えました。ナウルにおける4G/LTE接続の普及は、こうした発展をさらに加速させます。その結果、島民が世界経済に参加し、主要な大都市と同様の容易さで、遠く離れた友人や家族とつながることができるようになり、ナウルの発展を支えることになります。

O3bのアジア・中東担当副社長を務めるイムラン・マリクは、次のように述べています。「ディジセルとO3bはアジア太平洋地域のお客さまのために、最先端ソリューションの開発・導入で協力してきた長い歴史があります。ナウルにおけるモバイルサービスの向上は、島全体が発展する触媒となるでしょう。」

ディジセルの地域最高経営責任者(CEO)を務めるイボンヌ・スティールは、次のように語っています。「ディジセルは、当社のお客さまに対するクラス最高のサービスの提供に自負を抱いていますが、ナウルにおける4G/LTE接続でもまさにそのようなサービスを提供します。O3bと協力して3回アップグレードしたのは、これまで地域全体でデータサービスの導入と利用が非常に増加したためです。ナウルと太平洋諸国の住民は、世界的な革新成果を利用したいと強く願っています。当社は、そうした人々と革新がもたらす機会の橋渡しができることを誇りに思います。」

O3bネットワークスについて

O3bネットワークスは、世界的なマネージド通信サービスのプロバイダーとして、衛星・地上の両ネットワークを運用しています。O3bは地上で最も隔絶された辺境地のISP、通信事業者、各国政府、企業に対し、最新のキャリアグレードのIP通信サービス/アプリケーションを提供しています。O3bネットワークスは、SES(Euronext Paris、Luxembourg Stock Exchange:SESG)の完全所有子会社です。

ディジセル・グループについて

ディジセル・グループ・リミテッド(ディジセル)はカリブ海地域および南太平洋地域の31市場に通信サービスを提供している一流企業で、これらの地域で当社は包括的なモバイル通信、ビジネスソリューション、ケーブルTV&ブロードバンド、その他の関連製品・サービスを小売業、企業(中小企業を含む)、政府関係の顧客に提供しています。

ディジセルはHSPA+やロングタームエボルーション(LTE)のモバイル技術(4G)を30市場で提供しており、21市場のモバイル分野で首位にあります。社内データによれば、モバイル加入者の市場シェアは20市場で50%を超えています。

ディジセルは2001年に初の市場であるジャマイカでモバイルサービスを発売し、発売から15カ月を経たずに同国で市場リーダーの地位を獲得しましたが、その土台になった戦略はディジセルがそれ以来ほかの数カ国の市場でも採用して成功を収めたものです。ディジセルのモバイル加入者基盤は2002年3月31日時点の40万人から2015年3月31日時点の1360万人へと拡大しており、年平均成長率は32.3%となっています。

ディジセルはその市場で地域社会を基盤とした数多くのイニシアチブを運営しており、ジャマイカ、ハイチ、パプアニューギニア、トリニダード・トバゴでディジセル・ファンデーションを設立し、教育/文化/社会開発プログラムに傾注しています。ディジセルはカリブ海地域、中央アメリカ、太平洋地域のスポーツチームおよび個人のリードスポンサーとなっており、世界最速の男のウサイン・ボルトやこれら地域のスペシャルオリンピックス・チームなどを支えています。ディジセルは西インド諸島クリケットチームのスポンサーでもあります。

詳しい情報については、www.digicelgroup.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月16日(金)20時51分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。