2016年女性議会議長世界サミットがアブダビで閉会

ビジネスワイヤ 12月16日(金)21時29分配信

(ビジネスワイヤ)-- アラブ首長国連邦(UAE)連邦国民評議会と列国議会同盟により、「未来の形成に向かって団結」(United for Shaping the Future)をテーマに開催された第2回女性議会議長世界サミット(GSWS 2016)は本日、UAEの首都アブダビで閉会しました。

サミットには著名な世界の女性議長34人と議会の代表者約400人に加え、科学者、オピニオンリーダー、政策担当者、起業家、政府代表者など、多様な分野の代表者1000人以上が集結しました。

世界でも類のないこのサミットでは、今日の世界に関係する政治、社会、経済、環境、人口動態の問題について話し合う、いくつものパネルディスカッションが行われました。またサミットの議題として近未来の世界をすぐに変容させる影響力を持つ政治、技術、経済的な発展に重点が置かれました。

UAE連邦国民評議会の議長であるアマル・アル・クバイシ博士は12月12日(月曜日)にサミットの開幕を告げ、世界各国の女性議長や議会代表者と他の有力な代表者をGSWS 2016に歓迎しました。

サミット初日では社会と経済全体が直面している喫緊の課題に立ち向かうための政策、規制、戦略の有効性にスポットを当て、世界から集まった専門家が女性の地位向上、男女均等、現行の法律や規制に対して技術革新がもたらす法的および立法上の課題などに関する問題を取り上げました。またこうした革新の結果生じる対立を回避し緩和するための対策も検証されました。

サミットのハイライトはアブダビ宣言として要約され、安全と安定を高めるための政治団体および議会団体の取り組みを支えます。よりよい未来を築くロードマップとなるこのレポートは、世界の政府と関連団体に持続可能な開発を促し、武力紛争の解決を助け、政治的過激主義を抑制するための規制と政策の採用を奨励するものです。

またレポートには世界の関心事に取り組む上での女性議会議長の視点と、各地と世界の政治、経済、社会、環境的動向を映し出すサミットの成果と最終提言がまとめられます。

詳しい情報については、こちらをご覧ください:https://www.gsws.ae/

*配信元:ME NewsWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月16日(金)21時29分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】