カードリンクスが三井住友カード、三菱UFJ、大日本印刷、Tポイントの新規会員を発表

ビジネスワイヤ 2016年12月19日(月)09時00分配信

(ビジネスワイヤ)-- オンライン・ツー・オフライン・コマースとカードリンキングを推進する有力国際団体であるカードリンクスアソシエーション(カードリンクス)は本日、新会員を発表します。新たに加入したのは、三井住友<8316>カード、三菱UFJニコス、大日本印刷<7912>、Tポイントの各社です。これらの企業は、楽天<4755>、サムソンカード、フェイスブック、マクロソフト、マスターカード、アメリカン・エキスプレス、SKグループなどを含む既存会員に仲間入りすることになります。さらに、カードリンクスは、2017年2月7日に東京でアジア・インターネット&モバイル・コマース・フォーラムを開催すると発表しました(http://bit.ly/CLXap17)。

カードリンキングは、有力なオンライン・ツー・オフライン・デジタル・コマース技術です。カードリンキングにより、消費者はサービスと関連付けた決済カードを使うたびに、リアルタイムで割引や特典を受けることができます。紙に印刷されたクーポン、プロモーションコード、ロイヤルティーカードは一切不要です。2016年カードリンクス・カードリンキング年次調査によれば、米国のカードリンキング取引は過去12カ月間に少なくとも50%増加しています。アジアの消費者についても、同様の成長が予想されます。日本の野村総合研究所<4307>の調査によると、カードリンキングプログラムによる取引高は最大40%増加しています。

カードリンクス代表兼最高経営責任者(CEO)のシルビオ・タバレスは、次のように述べています。「日本を含むアジアで会員が急増していることは、加盟店にとって顧客獲得と顧客ロイヤルティーの推進にカードリンキングが有効であることを示しています。東京は、カードリンクス・アジア・フォーラムの開催地にふさわしい場所です。日本市場がカードリンキングを積極的に取り入れたこと、またこれが消費者への浸透を広く促していくことは、間違いありません。」

アジア・インターネット&モバイル・コマース・フォーラムには、アジア、北米、欧州からカードリンキング分野の革新企業の上級幹部が参集し、業界動向を検討するほか、業際的な提携と標準化での協調を促進します。基調講演者には、三井住友<8316>カード、マスターカード、サムソンカード、楽天<4755>大日本印刷<7912>、FISの経営幹部が含まれます。カンファレンスには、JCB、イオン<8267>、ディスカバー、ヒルトン・ワールドワイド、エアビーアンドビー、大日本印刷<7912>オリコ<8585>を含め、最大手の銀行、デジタルコマースプラットフォーム運営企業、世界的な決済ネットワーク、決済処理会社、カードリンキング技術企業、多国籍企業の代表が出席します。

カードリンクスアソシエーションについて

非営利団体のカードリンクスアソシエーションの使命は、オンライン・ツー・オフライン・コマースおよびカードリンキングの相互運用性の向上と成長の促進です。会員のため、当団体はCLO(カード決済連動型サービス)およびロイヤルティープログラムにかかわる調達、サービス提供、発行、特典交換、クロスシンジケートでの摩擦を最小限に抑え、解消することを目的に、共通した規格と業界サービスを開発・策定しています。カードリンクスアソシエーションの創設会員には、マイクロソフト・コープ、マスターカード、ディスカバー、フェイスブック、ファースト・データ・コープが含まれます。詳細情報については、当団体のウェブサイト(www.cardlinx.org)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月19日(月)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。