P&G が初の企業市民活動報告書を公表

ビジネスワイヤ 12月19日(月)21時48分配信

(ビジネスワイヤ) -- ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー(NYSE:PG)は本日、初の企業市民活動報告書を公表しました。本報告書は、環境フットプリントの低減、困っている人々の社会状況の改善、多様性と包摂の促進、社内外での女性のエンパワーメントに関する取り組みの進捗状況を詳述したものです。P&Gは1999年から持続可能性報告書を毎年公表していますが、今年は格上げして、当社の社会貢献をより包括的に解説したものにしました

P&Gの会長・社長・最高経営責任者(CEO)を務めるデビッド・テイラーは、次のように述べています。「当社は、責任を持って統治し、倫理的に行動する企業、商取引においてオープンで透明な企業、大義を守って環境を保護する企業、従業員が大切にされると同時に自分らしさを十分に発揮する機会を与えられる魅力的な職場を提供する企業であり、またそのような企業として知られたいと考えています。」

P&G 2016年企業市民活動報告書の要点は下記の通りです。

- 環境責任:2010年以降のエネルギー消費量を20%削減するというP&Gの目標の達成を含め、気候、水、廃棄物削減の領域における取り組みが進展/洗浄力がタイドと同等の初のバイオ洗剤タイド・ピュアクリーン(原料の65%がバイオ素材)を投入/すべてのシャーミン製品でFSC®認証を取得(責任ある管理の下での森林由来であることを証明)。

- コミュニティーへの貢献:P&Gの「子どもたちのための安全な飲み水プログラム」により累積100億リットルのきれいな飲料水を提供/世界で発生した25件超の自然災害に際して支援を提供/20年にわたり「プロジェクト・ホープ<6195>」を通じて中国の子どもたちに教育と機会を提供。

- 多様性と包摂:当社の多様性を生かして詳細な知見を行動に変え、革新と成功のために当社チームの力を解き放つ/社内のあらゆるレベルで男女均等化を達成するための取り組みを通じてP&G内の女性の地位を向上/SK-IIの「運命を、変えよう。」など、さまざまなキャンペーンを通じて社会に影響を与える問題に対して発言/「My Black is Beautiful」プロジェクトや「パンテーン・ゴールド・シリーズ」を通じてアフリカ系の従業員や消費者と協力して社内外における壁の解消に取り組む。

- 男女平等:「Always Like a Girl」、「Ariel Share the Load」といったキャンペーンを通じた広告発信により性差別問題に立ち向かい、より良い世界を創造/インドの“Shiksha”などのプログラムを通じて教育機会および経済的機会における性差別による障壁を解消/P&G内の役職の男女平等への取り組みを強化。

企業市民活動報告書はこちらでご覧いただけます。

プロクター・アンド・ギャンブルについて

P&Gはそのブランドを通じて世界中の消費者に奉仕しています。信頼される高品質のトップブランドが、当社の世界的に強力なブランド群を構成しています。当社ブランドには、オールウェイズ、アンビピュア、アリエール、バウンティ、シャーミン、クレスト、ドーン<2303>、ダウニー、フェアリー、ファブリーズ、ゲイン、ジレット、ヘッド&ショルダーズ、レノア、オーレイ、オーラルB、パンパース、パンテーン、SK-II、タイド、ヴィックス、ウィスパーがあります。P&Gコミュニティーは、世界の約70カ国で事業を展開しています。P&Gとそのブランドについての最新ニュースと情報は、http://ww.pg.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月19日(月)21時48分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】