OpenXが新オフィス開設とチーム増員で日本でのプレゼンスを拡大

ビジネスワイヤ 12月20日(火)07時30分配信

(ビジネスワイヤ) -- パブリッシャーの優れた収益化を促進するプログラマティック広告マーケットプレイスを創造する世界的リーダー企業であるOpenXは本日、日本での新オフィス開設とプレゼンス拡大を発表しました。当社は最近、急速に拡大するパブリッシャーの顧客層をサポートすべく、より広いオフィスに移転し、顧客管理、セールスエンジニアリング、技術導入、技術サポート、収益管理の資産を追加しました。

OpenXの共同創業者で最高売上責任者(CRO)のジェイソン・フェアチャイルドは、次のように述べています。「当社は、プログラマティック事業の成長の大きな可能性を認識しており、パブリッシャー向けに優れた収益化を実現する当社の豊富な経験を日本とアジア太平洋地域に広げたいと思います。OpenXのヘッダー入札のような技術・製品は当社のお客さまに大きな変革をもたらすものであり、OpenX Bidder のような製品は、直接的な比較で他のヘッダー入札ソリューションをしのぎます。妥協しない競争、高度な品質管理、パブリッシャーのお客さまと足並みをそろえた協調という基本に引き続きこだわることで、日本事業を発展させ続けていきたいと思います。」

プライスウォーターハウスクーパースが発行したグローバル・エンタテイメント&メディア・アウトルック2016-2020によれば、一流パブリッシャーのプログラマティック技術への強い需要に支えられ、日本のメディア市場は現在の1540億ドルから2020年までに1700億ドルに拡大する見込みです。

梅津憲太はOpenXジャパンに入社し、東京を拠点にパートナーサービス担当ディレクターとして活動を開始しました。18年以上にわたってインターネットビジネスに携わってきた経験を持つ梅津は、直近ではAOLプラットフォームズのクロスファンクショナルチームの一員としてで大規模なグローバルプロジェクトを管理して成功に導き、マイクロソフトでは日本市場でMicrosoft Advertising Exchange(MAX)のグローバルリリースを主導しました。梅津は、米国と日本のオンラインマーケティングの動向・技術や、広告主キャンペーンの管理・最適化について豊富な経験を有しています。

OpenXについて

OpenXは、デジタルメディア企業の経済的可能性を最大化することに傾注しています。当社はこの実現に当たり、あらゆるスクリーンに表示されるすべての広告でパブリッシャーおよび広告主に最適な価値を提供すべく設計されたデジタル広告マーケット/テクノロジーを創造することに取り組んでいます。

OpenXでは、大規模な広告マーケットプレイスを企画・運営する上での独自の経験を有するチームを構築しています。当社は、マーケットデザイン、革新的なテクノロジー、オペレーショナルエクセレンス、親身的なパートナーサービスを融合し、デジタル広告の最前線にてこれらを適用することに当社同様に大きな魅力を感じ、思慮に富み、創造力を持った実践者を常に求めています。

http://www.openx.com
@openx

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月20日(火)07時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】