万科企業がヤーディ・ボイジャー7Sを採用

ビジネスワイヤ 2016年12月20日(火)23時41分配信

(ビジネスワイヤ) -- 不動産開発・サービス会社の万科企業は、モバイル対応のクラウドベースの不動産管理・会計プラットフォームであるヤーディ・ボイジャー7Sを活用して、拡大するポートフォリオを管理します。

万科物流地産のバイスプレジデント兼パートナーのPinyi Panは、次のように述べています。「当社のロジスティクス・プラットフォームは大幅に拡大する見通しです。ボイジャーは、この成長を支え、当社の事業プロセスに対するパートナーの信頼を確実なものとするための世界レベルのソリューションを提供してくれます。」

ヤーディのニール・ジマスマー国際部門担当バイスプレジデントは、次のように述べています。「グローバルな不動産サービス会社としての万科企業の地位が高まるにつれて、ボイジャーのプラットフォームにより実現する現場サポート、ロジスティクス能力、スケーラビリティ、シングル・ソース・オブ・トゥルース(共通化された唯一の正しい情報源)がお役に立つことになります。」

万科企業

中国の深圳に本拠を置く万科企業は、1988年の創業以来、中国を代表する不動産会社に成長しています。不動産開発およびサービスに注力する万科企業は、中国の66都市に拠点を置いています。また、香港、シンガポール、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドンでも開発プロジェクトを手掛けています。詳細情報については、www.vanke.com/en/をご覧ください。

ヤーディについて

ヤーディは、あらゆる種類と規模の不動産企業向けに、業界有数の投資・物件管理ソフトウエアを開発し、サポートしています。1984年に設立されたヤーディは米国カリフォルニア州サンタバーバラに本拠を置いており、オーストラリア、アジア、中東、欧州、北米のオフィスを通じて世界各地の顧客にサービスを提供しています。詳しい情報については、www.yardi.com/asiaをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月20日(火)23時41分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。